エッセイの最近のブログ記事

「クラムボンはわらったよ」

「クラムボンはかぷかぷわらったよ」

・・・

週末に開催した"Sunday Morning Yoga&Brunch"
我が家のまあるいテーブルに集まるゆるやかな日曜日

朗読会のときにmさんが読んでくれた宮沢賢治の「やまなし」
絶妙な間とゆるやかな呼吸に合わせて読んでくれたmさん

はあ~、なんて美しい日本語なんだろう

紡がれていく言葉たち、景色が広がっていく・・・

十二月

そのつめたい水の底まで
ラムネのびんの月光がすきとおり天じょうでは波が青じろい火を
もやしたりけしたりしているよう
あたりはしんとして
ただいかにも遠くからというように
その波の音がひびいてくるだけです

(宮沢賢治童話集 注文の多い料理店より)


今回は、朝ヨーガをしてブランチをして、アフタヌーンティーしながらの朗読会。
集まった人それぞれが選んできた本を紹介しながらの自己紹介は、
とても興味深かった。

その本と出会ったきっかけや感じたこと、そして今回朗読しようと選んだ理由など、
普段の会話だけでは分からなかったことを知ることができたり、
なんだかココロに近い話が自然にできる、そんな時間になりました。

まるでいくつかのいい映画を観たかのように豊かな気持ちにさせてくれました。
そして何よりみんな個性的でおもしろいのです。
それぞれが違っていていい。

本を読む楽しみがまたひとつ増えたようです。

こうして、

自分がいいなって感じたことを
自然に伝えたいって想う気持ち

シンプルだけど、
そんな小さな行動を続けていきたいです。

ブランチ担当のAyuも、きっとそんな気持ちで前日から我が家にお泊りして、
コトコトスープを煮込んでくれていたのだとおもいます。

みんな本当にありがとう。

acco

"Sunday Morning Yoga&Brunch"  

「11月のメニューご紹介」

☆ 今回は写真ではなく、コトバから広がるイメージをお楽しみください。
これも朗読会効果?!

下仁田葱とポテトのとろ~りポタージュ
自家製天然酵母のカンパーニュ
焼きたてキノコのキッシュ
蕎麦の実と麦と旬な根菜のサラダゆずの香り
プルーンとりんごのコンポート生姜風味
長いものまったり濃厚チョコレートケーキ
8月、青森の岩木山麓にある森のイスキアへ行ってきました。

昨年の初夏に続き、こうしてまた森のイスキアで初女先生にお会いできるなんて、
本当にありがたいことです。結んでくれたMちゃん一緒に旅したお友達ありがとう。

DSCN2348.JPG
変わらぬ笑顔で迎えてくださいました。

DSCN2365.JPG
太陽の光を浴びる梅干さんたち。一粒ずつ大切に丁寧に。

DSCN2361.JPG
禅寺で応量器で精進料理を頂いたときの感覚を思い出しました。
ただご飯を受け取ることが神聖にも感じます。


おむすびを作っている初女先生に聞いてみました。
「おむすびを作るときに、心がけていることはどんなことですか?」

「お米一粒一粒が呼吸しやすいようにしすること」

先生が私のおむすびをみて少し微笑んで、「ちょっと量が多いね、おむすびが重たいねえ」と。
ご飯も多すぎた欲張りな私・・・そしてギュッと握りすぎ・・・
先生の言う「重たいねえ」はおむすびの声だ。

ごめんね。
おむすびがまるで私の身体のように感じました。

カタチには拘るのに「一粒一粒が呼吸しやすいように」ということを気にかけていただろうか?
これはヨーガのアーサナのときにも言えることかもしれない。

DSCN2353.JPG
森のイスキアで朝ヨーガ。
のびのびとはそう、こんな感じ!


握ったおむすびは、そっとタオルで包んで休ませます。
おむすびを見ながら先生はこう付け加えました。


「話もそう、間が大切。待つこと。休ませること。」
「みんな忙しすぎるねえ」


おむすびは母の顔が浮かびます。
そこにはきっと、やさしさとつよさがむすばれているのかな。
いつかそんなおむすびをつくれるようになるといいな。

旅のすべてに感謝を込めて。
acco
友人が蓼科に有機農園を借りて週末農業を始めたことがご縁で、
今年の夏は、テラヨガの仲間を中心に20人程で、
蓼科高原へ二日間の旅に出かけてきました。

夜は収穫した有機野菜でBBQです!
DSCN2279.JPG

ハートの形のお芋を発見してはしゃいでるMさん。
裸足になって大地の感触を確かめていました。
DSCN2280.JPG

BBQの後はペンションのオーナーの方のご好意で、蛍を見に連れて行っていただきました。
幻想的な蛍の舞を見た人達も!

翌日、朝ヨーガの後は登山チームと乗馬チームに分かれて出発です。

登山チームの一日
DSC08511.JPG
登山しながら世界を旅した山岳ガイドの石川さんのおかげで、
季節の草花や移り行く景色をゆっくり味わいながら登山をすることができました。

DSC08564.JPG
登山の後は地元の温泉にちゃぽ~ん!「はあ~~」気持ちいいため息とはまさにコレですね。
日本家屋のカフェでまったり寛いでます。

乗馬チームの一日
DSC_0411.JPG
森の中を散歩中。木漏れ日も美しい。

DSC_0401.JPG
大きな青空の下、並んでゆっくり歩いてく。

ハプニングもあったりしたけれど、
大自然の恵みと参加してくれた仲間、
地元の方々のご協力あってこその貴重な体験をすることができました。
まるで子供の頃の夏休みのようでした。
ココロが少し疲れたときは、あの青空を透き通った川の流れを思い出そうね。

まだまだお伝えしきれないけれど。

感謝を込めて
acco
大学生のときにテラヨガに通っていたaちゃんから、久しぶりに連絡がありました。

「2月に会社を退職して、地元新潟で農業を始めました。
無農薬、有機栽培が作りたくていろいろと勉強中です。
ようやく夏野菜を中心に野菜が採れるようになったので、先生に食べてもらいたくて 」

翌朝、届いた贈り物。

vegetable.JPG

ダンボールを開けると、まるでaちゃんがそこにいるように野菜たちが笑っていました。
一つずつ丁寧にラッピングされて、お手紙にはそっとラヴェン ダーが添えられています。

大切に愛情たっぷりに育てられてきたことが、ひとつひとつのお野菜から感じられます。
そんな生命力溢れる夏野菜さんたちが、そっと命を捧げてくれている。
頂きながらなんだかじ~んとして涙が出てきました。
お野菜頂ながら、あまりの美味しさと優しさに泣き笑いです。

aちゃんかこんなことを伝えてくれました。

「先生からはヨーガを通じて、たくさんのことを教えてもらって、
それが今の私に通じていたことなんだと、日々感じているところです。」

自然の力には逆らえないことを日々実感しながら、
少しずつ大きくなっていく作物に感謝して日々を過ごしている。
お野菜を食べて少しでも多くの人に笑顔になってもらいたいというaちゃん。

ほんとに笑顔になれました。
見えないその向こう側も、こうして伝わってきました。

ありがとう。

ヨーガをすること、農業すること。
つながっていますね。

これからいろんなこと教えてください。
aちゃんのお野菜は言葉を超えた美味しさです!

テラヨガのみなさまにもお伝えしていきますね。

心を込めて
acc

TERA-YOGA in Komyoji Temple Tokyo

TERA-YOGA is a yoga class in Komyoji Temple Tokyo. If you don't know it, read this English page first.

テラヨガは、東京メトロ日比谷線神谷町駅前の神谷町光明寺の境内をお借りして開いているヨガクラスです。初めての方はこちらのページをご覧ください。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちエッセイカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリははじめての方へです。

次のカテゴリはテラヨガのことです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2010年11月: 月別アーカイブ

ウェブページ