森のイスキアへ、再び

| | コメント(2) | トラックバック(0)
8月、青森の岩木山麓にある森のイスキアへ行ってきました。

昨年の初夏に続き、こうしてまた森のイスキアで初女先生にお会いできるなんて、
本当にありがたいことです。結んでくれたMちゃん一緒に旅したお友達ありがとう。

DSCN2348.JPG
変わらぬ笑顔で迎えてくださいました。

DSCN2365.JPG
太陽の光を浴びる梅干さんたち。一粒ずつ大切に丁寧に。

DSCN2361.JPG
禅寺で応量器で精進料理を頂いたときの感覚を思い出しました。
ただご飯を受け取ることが神聖にも感じます。


おむすびを作っている初女先生に聞いてみました。
「おむすびを作るときに、心がけていることはどんなことですか?」

「お米一粒一粒が呼吸しやすいようにしすること」

先生が私のおむすびをみて少し微笑んで、「ちょっと量が多いね、おむすびが重たいねえ」と。
ご飯も多すぎた欲張りな私・・・そしてギュッと握りすぎ・・・
先生の言う「重たいねえ」はおむすびの声だ。

ごめんね。
おむすびがまるで私の身体のように感じました。

カタチには拘るのに「一粒一粒が呼吸しやすいように」ということを気にかけていただろうか?
これはヨーガのアーサナのときにも言えることかもしれない。

DSCN2353.JPG
森のイスキアで朝ヨーガ。
のびのびとはそう、こんな感じ!


握ったおむすびは、そっとタオルで包んで休ませます。
おむすびを見ながら先生はこう付け加えました。


「話もそう、間が大切。待つこと。休ませること。」
「みんな忙しすぎるねえ」


おむすびは母の顔が浮かびます。
そこにはきっと、やさしさとつよさがむすばれているのかな。
いつかそんなおむすびをつくれるようになるといいな。

旅のすべてに感謝を込めて。
acco

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 森のイスキアへ、再び

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.komyo.net/apps/mt-tb.cgi/835

コメント(2)

イスキアの青空と優しいグリーン
きれいに並んだうめぼし達
空の下でのびのびしている足^^
気持ちいい感じすごーーーく伝わります。

一粒一粒が呼吸しているか?なんて考えた事もなかった。
ふんわりと、でも崩れないようにって事ぐらい。

自分自身がちゃんと呼吸しているかも気を付けなければ
忘れてしまうのに、どうしたらそんな風に思えるのだろう。

猛スピードで変化している社会で生きながらも
そういう気持ちを持っている人がいる事をココロに
置きながら毎日を過ごしていったら少しは見習う事が出来るかな?

ブログを読んでいただきメッセージも送っていただいたこと、うれしいです。ありがとうございます。

お料理している時、初女先生はこうおっしゃっていました。
トマトを優しく扱いながら、

「もしも私がトマトだったら、どんなふうにあつかわれたいか・・・」

どんなときも相手の気持ちになる。
それが人であっても、トマトでもおむすびでも。
きっと同じ。

ひとつということ。

今度ぜひ一緒におむすびを作りたいですね。
小さな行動を続けていけたらいいなって想います。
これからもどうぞよろしくお願いします。

acco

コメントする

TERA-YOGA in Komyoji Temple Tokyo

TERA-YOGA is a yoga class in Komyoji Temple Tokyo. If you don't know it, read this English page first.

テラヨガは、東京メトロ日比谷線神谷町駅前の神谷町光明寺の境内をお借りして開いているヨガクラスです。初めての方はこちらのページをご覧ください。

このブログ記事について

このページは、accoが2010年9月 2日 19:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2010夏 ヨーガの旅 蓼科編」です。

次のブログ記事は「テラヨガに届いた笑顔になるお野菜」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ