Niji

| | コメント(0) | トラックバック(0)
某月某日

写真-12-05-19-16-55-42.jpg

まもなく、2012年7月19日で『お寺の音楽会 誰そ彼』は10年目に突入する。
丸9年をぼんやりと振りかえってみて思う事は、「たくさんの人と出会ったなあ」という事だ。
イベントとして、多くの仲間や、ご出演者、そして来場くださる方々にとても恵まれているとつくづく実感する。
そして寛大にもこのようなイベントを開催させてくれている光明寺のみなさん。本当に感謝に絶えないです。
みなさん有難うございます。

イベントが続けられている事に対する感謝の思いがあると共に、一個人として『誰そ彼』の存在に感謝する思いがある。
『誰そ彼』の活動で得られる、仲間たちとの共感、出演者たちとの共感、ご来場の方々、そして仏教への共感は、何時の間にやら僕個人の人生の豊かさと密着していた。
自分のパーソナリティーを自己分析すると、『誰そ彼』以上に共感を得られる世間は無いのではないかと思う。
本当に有難いご縁だ。

世の中に、こんな気持ちの人があと100人増えたら、生き苦しい世の中由来によるいくつかの社会問題は緩和されるのではないか?と本気でちょっと思う。

少なくとも、光明寺さんの『誰そ彼』や『オープンテラス』の活動で大小あれど人生の豊かさみたいなものを享受されている人は、僕から見える範囲だけでも結構居る様に思う。
そして各々環境や事情は違えど、この「お寺」という施設は日本全国にコンビニよりも多い数で存在しているのだ。

(誤解を恐れずに)"お寺を利用させてもらっている身"としては、「ここにお寺の可能性があるんですよ!」と声を大にしたい。

だからこれから、この9年とそして10年目以降、僕が体験しているプロセスや、得られた結果をどんどん外へ発信していきたい。
それは光明寺さんや仏教への感謝であると共に、これから自分が担っていく使命のひとつかもしれないなと感じ始めている。

そんな思いも込めつつ、超宗派仏教サイト『彼岸寺』のインタビューに応えさせてもらった。
これを読んでくださった方が、僕たちのこの9年間のプロセスや成果を少しでも読み取って頂けたら嬉しいなあ。

【Interview】
・『彼岸寺』仏教はオルタナティブである/「誰そ彼」10周年記念 インタビュー
http://www.higan.net/news/2012/06/10.html


写真-12-05-19-22-49-28.jpg

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Niji

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.komyo.net/apps/mt-tb.cgi/1027

コメントする

このブログ記事について

このページは、管理者が2012年6月22日 01:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「エヴリシング・イン・イッツ・ライト・プレイス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。