エヴリシング・イン・イッツ・ライト・プレイス

| | コメント(0) | トラックバック(0)
某月某日

24flyer.jpg

















2012年5月19日開催の誰そ彼  Vol.24の告知用フライヤーが届いた。デザインしてくれたのは僕の高校以来の友人K君だ。
誰そ彼創始メンバーの一人で、開始後数回の誰そ彼フライヤーは彼の手による。
 
ある時彼は、デザインの勉強をする為に英国へ留学し、それからなんとなく連絡が途絶え、疎遠となってしまっていた。 
 
考えてみたら、光明寺の僧侶になる前の東大生の松本圭介君と僕が知り合ったのは彼の引き合わせだった。
彼の誘いで松本くんの主催していた学生サークルに入って、音楽イベント開催の経験をしたり、今にまで至る仲間達との縁を紡いだ。
つまり彼が居なければきっと、誰そ彼はなかったんじゃないかな。 
 
彼と僕の出会いは高校時代、共通の友人づてに「音楽の趣味があいそう」という事で紹介された気がする。   
確かベックやビースティーボーイズやニルヴァーナの話で盛り上がり、「アタリティーンエイジライオットってすごい変なバンドがいてさ、、、」なんて話をした記憶がある。90年代真っ只中のハナシ。
 
それから僕らは一緒に色んな場所へ行って、くだらない話やマジメな話をしたり、音楽を聴いたり映画を見たり、とにかく感性を共有した。 
その空気感は今でも『誰そ彼』というイベントの中に流れていると思う。 
 
本当なら留学から帰ってきたらすぐにまた合流するつもりだったけど、色んな思い違いや仕方ない事情で彼は合流しなかった。
僕もずっと気になっていたけど、無闇に動いても意味がないような気がして、時を待っていた。
 
「待っていた」とはいっても、別に再会できる確信があったわけではない。このままずっと会えない未来のほうが想像に容易かった。
 その間、僕に出来たのは光明寺で『誰そ彼』 という旗を掲げ続ける事だけだった。 

だからある日突然彼が連絡をくれて再会して、今またフライヤーを作ってくれるなんて夢みたいだ。   
でもこれは嬉しい現実。印刷されたフライヤーはちゃんと我が家と光明寺に届いた。 
それを今日からみんなで配って、それを偶然手に取ってくれた人達が5/19に光明寺を訪れるのだ。   
   
- K君のカムバック。
僕は、やはり全ては正しい場所におさまるのだ、と思う。   
それがつまり、ご縁というものなのだろう。

---
お寺の音楽会 『誰そ彼 Vol.24』

日時:2012年5月19日(土) 17:00~21:00
場所:梅上山 光明寺(東京 神谷町)
http://www.komyo.net/
料金:1,000円 with 1ドリンク
※ 今回はご予約制ではありません。当日、どなたでもご入場頂けます。

 出演:
 [Live]
・Nils Berg Cinemascope (from Stockholm, Sweden)
http://www.nilsbergcinemascope.com

・Saara Trio
http://soundcloud.com/saara/saara-trio-fly-high-live-in-tokyo-at-komyo-ji

[法話]
・木原祐健(浄土真宗本願寺派/神谷町オープンテラス店長)
http://www.komyo.net/kot/

[PA]
・Fly sound
http://www.fly-sound.com/

[選曲]
・Busse Posse DJ's

[Food]
・料理僧 KAKU (彼岸寺/暗闇ごはん)

 [Drink]
・神谷町オープンテラス
http://www.komyo.net/kot/

 [more info]
・お寺の音楽会 誰そ彼
http://www.taso.jp

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: エヴリシング・イン・イッツ・ライト・プレイス

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.komyo.net/apps/mt-tb.cgi/1012

コメントする

このブログ記事について

このページは、管理者が2012年5月 4日 11:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東京の街が奏でる」です。

次のブログ記事は「Niji」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。