東京の街が奏でる

| | コメント(0) | トラックバック(0)
jindai.jpg

"旅から来た者帰った者が、自分しか知らない外部の事実を語ることで、これは近年ますます多くなっている"

"珍しい客がよそから来た時なども、珍しいからなるだけのその客に話をさせます。こういう話を世間話といいますが、世間というのは元は土地より外という意味でありました。
ところが昔の人たちは、余り広くその世間を知りませんでした。本も乏しく新聞もなく、旅行もそうたびたびはしなかったからであります。"



上記は柳田國男の『なぞとことわざ』という本からの引用だが、僕はこの本が大好きでもう何度も読み返している。
少し昔の、それこそ夕暮れ時を「誰そ彼」なんて呼んだりもした時代の人々の言語コミュニケーションや、ツールとしての言葉の使われ方が生き生きと描かれている。

特に気になるのが、先に引用したような外の世間からやってくる言葉やお話と、人々とのスリリングな邂逅の部分だ。
この本の中ではその箇所はあまりズームアップされないのだが、当時はそういう瞬間が稀にあったはずで、それはきっと今の時代には思いもよらない刺激的なものだったのだろうと想像する。

小沢健二のここ数年の著作『うさぎ!』や『企業的な社会、セラピー的な社会』、展覧会『我ら、時』、そしてライブツアー『ひふみよ』、『東京の街が奏でる』、これらを体験して思うのは『なぞとことわざ』の時代の村人たちの気分だ。
例えば、『東京の街が奏でる』での演奏の合間には「モノローグ」と名付けられた、小沢健二による世間話が挿入されていたが、これがもうほんとに世間話。
インド映画のオチについての話や、ネパールの変わったボディランゲージの話とか、広く世界の土着的な世間話。
『なぞとことわざ』の時代から比べるとこれだけ情報化が進んで、外の世間との往来も容易になったというのに、相変わらずびっくりするくらい文化や習慣の違いは存在し続けている。
僕たちにもまだまだ新しい世間話を待望する余地があるという事がわかる。

同時に僕らの世間は今現在あまり明るくないという事も思い出すけど、まだ知らない様々な世間話の中に、様々なヒントとなるような知恵や視点が詰まっているらしい。

それは古くからあることわざやなぞかけと同じようなこと。
この頃の小沢健二は、そんな事を教えてくれる語り部の様に見えるのだ。


追伸:
今回のツアーでは『LIFE』というレコードが全曲演奏され、(前回は日本語に置き換えられていた)「LIFE IS COMING BACK!」というフレーズが高らかに歌われた。
『LIFE』は18年前に作られ、その当時の東京の街の空気が詰め込まれている。聴き返してみると少し幻想的に感じられる。
フォークロアかファンタジーかと思える公園通りや東京タワーやいちょう並木の匂いがよみがえってきて、少し心がざわざわとしてしまった。

18年後、今の東京の匂いをどんな風に思い出すのだろう?

takemitsu.jpg



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 東京の街が奏でる

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.komyo.net/apps/mt-tb.cgi/1006

コメントする

このブログ記事について

このページは、管理者が2012年4月10日 02:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士山」です。

次のブログ記事は「エヴリシング・イン・イッツ・ライト・プレイス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。