富士山

| | コメント(0) | トラックバック(0)
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
本年も誰そ彼をよろしくお願いいたします。

2012年も半月経とうとしていますが新しい年ということで、富士山にまつわるお話しをひとつ。

■ 2011年5月、西武池袋線の大泉学園に引っ越した。駅から南に10分弱、小さな商店街に隣接した新しいマンションだ。4階だての3階角部屋、周辺に高い建物なく空は広い。

冬が近付き日の出が遅くなると、僕の起きる時間でも朝焼けが綺麗に見れる様になった。
それとともに、建物の4階通路から富士山が見える事がわかったのだ。
『誰そ彼』なんてイベントをやっているだけに、日頃夕景に思い馳せる事が多いが
冠雪の富士に沈む冬の夕日などは格別に感じて、機会を見ては4階の富士見スポットにあがるようになった。

■ 年の瀬、西武池袋線からも白い富士がきれいに見えるよねという話になった。
利用者ならば周知の事だが「富士見台」という駅周辺で、一時富士山が見える。
だから「富士見台」なのか、、、そんな話をした。

同じ頃、僕は『昼のセント酒』という本を読んでいた。
2011年、誰そ彼に二度目の出演をしてくださった久住昌之さんのエッセイで、「銭湯の一番風呂あがりに、明るいうちから酒を飲む」という、風呂好き酒飲みにはたまらないテーマの一冊だ。
その中で、数少ない銭湯絵師として、銭湯の背景絵を描いている中島盛夫さんの話があった。
銭湯といえば、壁面に描かれた富士山や風光明媚な楽園のような景色。銭湯の減少と共に背景画の絵師も減っており、日本に現在3名しか居ないらしい。

たまたま読んだ練馬区の情報誌にもちょうど 中島 画伯のインタビューが出ており、練馬区北町在住であるという事を知ってますます親近感を覚えた。

■ 年は明け、同居人が『昼のセント酒』を読んでてある事を教えてくれた。
マンションのエントランスに掛けてある「赤富士」に「ナカジマ」と署名が入っていると言うのだ。
僕が住んでるマンションのエントランスには何故か赤富士が掛けてある。
客人がくると、なんとなく照れながらこの赤富士を紹介していた。何故か客人たちも少し脱力して笑う。エントランスに赤富士ってなんだか不思議な存在だ。

akafuji.JPG

元々銭湯だった場所に建ったマンションと聞いていたので、それを偲んでオーナーが掛けているのだろうと思っていた。
改めて見ると確かに、カタカナでわかりやすい「ナカジマ」のサイン。『昼のセント酒』での説明と同じだ。
中島画伯は練馬区出身だし、おそらく間違いない。

そこでピンときてインターネットで調べた。
「石神井台3 銭湯」
すると予想通り、マンションになる前の銭湯の名は『富士見湯』であった。
ここからは冬には富士が見える。だから『富士見湯』なのだ。

記事によると2009年に廃業とあるが、在りし日の姿はかなり立派な戦後の東京の銭湯の佇まいだ。
富士見湯だけに、男湯と女湯にまたがる大きな富士山のペンキ絵があり、勿論中島画伯の作品。
記事を書いた方は気づいてないかもしれないが、実は本物の富士も見える富士見湯なのだ。煙突掃除の人ならば知っていただろう。
、、、いや、常連さんならば知っていたかもしれない、富士見湯の前の道を西に歩くと、冬は遠くにぽっかりと富士の白いあたまが見えてくるから。

■ 古き良き銭湯の跡地にマンションが建つ、残念な話だと思う。なんとなく、住んでる自分に後ろめたさも感じてしまうほどだ。
多分オーナーが最も残念に感じているのだろう。だからこそエントランスに中島画伯の赤富士を飾ったり、最上階からは富士見が出来るように、このマンションを作ったのだと思う。
深読みかもしれないが、まるでクイズのヒントのように、往時を偲ぶ要素が残されているのが素敵じゃないか。

kansetsu.JPG

真っ青に晴れた寒い昼さがり、富士見湯の一番風呂につかる。
すっかり暖まった体で外に出ると、冬の冷気が心地よい。
駅への近道は右だけど、左からまわれば遠くに冠雪の富士山が見えるだろう。
ゆっくり歩いて駅についたら、駅前の居酒屋『あっけし』で生ビールを飲もう。肴は蒸し牡蠣と肉豆腐かな。

そんな、今となっては叶わない僕の『セント酒』を想像して、石神井台3丁目に在りし日の富士見湯に思いを馳せた。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 富士山

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.komyo.net/apps/mt-tb.cgi/989

コメントする

このブログ記事について

このページは、管理者が2012年1月14日 11:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ドゥ・ユア・プロミス」です。

次のブログ記事は「東京の街が奏でる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。