サンバがサンバであった頃から

| | コメント(0) | トラックバック(0)
某月某日

先日、NHKにて宮藤官九郎さんと向井秀徳さんが「私の10曲」を選ぶという趣旨の番組をやっていた。
向井さんは8年前の誰そ彼 Vol.3や、築地本願寺ライブにもご出演頂いたご縁がある。
それに宮藤さんという組み合わせも面白く、とても興味深く観た。

特に印象的だったのが「今の自分をあらわす1曲」というテーマで、2人とも震災後に音楽をあまり聴かなくなった時期があり、また聴ける様になったきっかけの曲を挙げていた事だ。
向井さんは『東京節』、宮藤さんはエンケンさんの『ラーメンライスで乾杯』をセレクトされていた。

agataenken.jpg

『東京節』は古くからある歌だけど、これまた以前誰そ彼にご出演くださったあがた森魚さんによるカヴァーを僕はよく聴いていた。
エンケンこと遠藤賢司さんは同姓のヒーローとして尊敬の眼差しで、こちらも築地本願寺ライブご出演頂いた折に、職権濫用(?)とわかりつつも思わずサインを頂戴してしまった程のファンだ。

曲をよく知っているが故に、両者の選曲には非常に頷いた。
震災のあとにふとiPodでランダムに再生された『ラーメンライスで乾杯』が気になって、その後何度もリピートして聴いていた、という宮藤さんの体験を想像して、自分の身にも起こりえたのではないかと思える程に強く共感した。

僕にも似たような事があった。
当時このブログ日記にも書いたが、地震があっても続く暮らしの中、漠然と捉えながらどうしようも出来ない不安に元気を失くし、僕もやはり消耗していた。
そんな折に、吉祥寺サムタイムで聴いた渋谷毅さんと平田王子さんの演奏が、
僕にとっての『東京節』であり『ラーメンライスで乾杯』なのだ。

いつもと変わらぬ佇まいで穏やかに力強く響く渋谷毅さんのピアノ。平田さんの歌声とギターは初めて聴いたのだけど、よく知る歌を鳥のような美しい声で楽しく歌っておられた。
なんというかその情景に、少し安心して少し元気が出たのだ。
その時に、この音楽をみんなと共有したいと心から思い、翌日平田さんにメールを送った。

その思いが、10.22の誰そ彼 Vol.22で愈々結実する。
共演者はみんなでたくさん悩んだ結果、ご縁の長い久住昌之さんにお願いした。

hirataqusumi.jpg

何故久住さんにお願いしたかと問われると、なんとなくしっくりきそうだと思ったという直感もあるが、久住さんが先日リリースしたアルバムの一曲目『ボクだけの線』の歌詞からの影響があるかもしれない。
その箇所を抜粋させて頂くと、

---
ボクにしか引けない線で キミの顔を描きたいな
ボクにしか出せない色で キミの髪を塗りたいな

ボクにしか出せない声で 今の気持ち伝えたいな
ボクにしか弾けない音で 古いギター鳴らしたいな
---

この曲を初めて聴いた時に、毎回こんな気分で誰そ彼を企画しているなあと思ったのだ。
今回も個人的な経験から始まった思いではあるが、正に「ボクにしか出せない声で 今の気持ち伝えたいな」という気分からだ。
震災後に吉祥寺のサムタイムで実感した、あたたかい色で輝く空気をもっと多くの人と共有したいという思い。
そんな思いが静かに、そして賑やかに鳴って、来てくださったみなさんが楽しく安心な気持ちになれるといい。

-
お寺の音楽会 『誰そ彼 Vol.22』 

日時:2011年10月22日(土) 17:30~21:00 
場所:梅上山 光明寺(東京 神谷町) 
http://www.komyo.net/ 
料金:1,000円 with 1ドリンク 
※ 今回はご予約制ではありません。当日、どなたでもご入場頂けます。 
出演: 

[Live] 
・平田王子 
http://kimikohirata.chu.jp/ 
・久住昌之 & BlueHip 
http://www.qusumi.com/ 
メンバー: 
久住昌之(歌、生ギター)Shake(キーボード)フクムラサトシ(サックス) 武士守廣(ベース)荊尾浩司(カホン)美香&陽子(ダンス) 
・Projector Q
(久住昌之さんによるおもしろスライドショー)

[法話] 
・増田将之(浄土真宗本願寺派) 

[選曲] 
・Busse Posse DJ's 

[Food]
・料理僧 KAKU(from 暗闇ごはん)
http://www.higan.net/kurayami/

[Drink] 
・神谷町オープンテラス 
http://www.komyo.net/kot/ 

more info 
http://www.taso.jp

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: サンバがサンバであった頃から

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.komyo.net/apps/mt-tb.cgi/961

コメントする

このブログ記事について

このページは、管理者が2011年9月24日 14:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ワールド・パッション」です。

次のブログ記事は「From 喜怒哀楽」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。