足で蹴り上げる豪快な夏

| | コメント(0) | トラックバック(0)
某月某日

- 光明寺たそがれ夏祭り 2011 開催によせて

とある夏の夜、光明寺僧侶の松本くんとお寺で打合せしたあと、神谷町で馴染みの中華屋『天下一』にてご飯を食べた。

僕は迷わず生ビール。松本くんはお酒を飲まなくなったので、ちょっと迷ってホッピーの「ソト」だけ。
ニンニクたっぷりのジャンボ餃子をつまみながら、ひとときの世間話。

IMG_5769tenkaichi.jpg

最近インド留学から東京に戻った松本くんは、新しい家に家電や家具を買い揃えなければならない。
そんな時、インターネットのレビューや評価等を割りとよく調査する派だそうだ。
彼がお坊さんになる前からの付き合いなので、そういうタイプである事をよく知っている。また彼も僕が同じタイプである事をよく知っている。
昔から二人とも「せっかくだから」が口グセ。だから「やっぱそうなるよねー」なんて共感しあったのだ。

学生の頃ならいざ知らず、社会人になって少しはお金を持った今でも機能や価格比較をトコトンやってしまう自分たち。。。
良いものを安く手に入れたいというのは消費者の行動として自然だけど、調査に費やす時間を考えたらある程度で切り上げる潔さも大事なんだろね、なんて判りつつもショーブンだから仕方が無いという気もする。
その志向は別に家電や家具に限った事ではないし。

ただ、それこそここ十数年のインターネットの普及で情報は溢れかえっている。
プロアマ問わぬレビューの嵐、なんでも得点化、または企業の卑しい系マーケティング趣向にも正直辟易だ。
世の中よってたかって物の品質を平均化させたがってるような居心地悪さを感じる。
「昔は物を買うにも博打感があった」
なんて言ってる人も居るけど、その意見には賛成だ。
真剣さがこだわりならば良いけれど、飽和しきった情報が思考を画一的な損得勘定に限定させる傾向にあると思えるのだ。
情報や選択肢はたくさんあったほうがいいけど、判断基準には一貫性が必要。あとは直感と瞬発力。

話しながらそこまで気付いた僕と松本くんは、僕ら2人に少し欠けていると思えるこの「何か」をまとめるキーワードを思いついた。
『豪快さ』だ!
今の時代に必要なのはキット『豪快さ』
そうだ、豪快さんでいこう!!

お腹いっぱいになっただけではない満足感をもって僕らは中華屋を出た。
ビールを飲んだ僕だけ酔っ払って、だけど松本くんもホッピー(ソトだけ)でなんだか調子いい感じで、帰り道の経路探索をする僕を制した。
「豪快なヒトは帰りかたなんて調べないんじゃない?」
その時はそれもなんだかいいな、と思えたので調べるのはやめて取り敢えず同じ方向の地下鉄に乗ったのであった。

『お寺の音楽会 誰そ彼』はレビューも星もついていないけど、選択にこだわる数名の仲間たちが毎回自信をもってお寺にお招きする要素の集合体だ。

有難くも足を運んでくれる皆さんの、瞬発力と一貫性、そしてちょっとの博打感でもって選択してもらえていたら、とてもうれしい。

IMG_3636hondou.jpg

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 足で蹴り上げる豪快な夏

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.komyo.net/apps/mt-tb.cgi/951

コメントする

このブログ記事について

このページは、管理者が2011年8月27日 11:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ホット・スプリング・ヘッズ」です。

次のブログ記事は「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。