L.I.F.E.G.O.E.S.O.N

| | コメント(0) | トラックバック(0)
某月某日

仕事を終えて吉祥寺サムタイムへ急ぐ。
平田王子さんのライブがあるのだ。

そもそも、このライブに伺うのは奇妙なご縁である。

話は2月に遡る。
蒲田にて松永誠剛くんが開いた新年会に参加し、帰り道が一緒だった初対面のSさんと、たまたま渋谷毅さんの話で盛り上がった。

Sさんはキングインターナショナルにお勤めで、ちょうど渋谷毅さんと平田王子さんのデュオ作のCDを手がけられているとの事。
渋谷毅さんは昨年誰そ彼にご出演頂いている。
何より、お互いが渋谷毅さんの大ファンであるという点で共通していて、意気投合した。

寡聞ながらに、平田王子さんの事は存じ上げなかったのだけど、しばらくの後にSさんからライブのお知らせを頂いたのだ。
勿論ピアノは渋谷毅さん。

2nd set開始ギリギリの時間に階段を駆け降りるとまだ演奏は始まってなかった。
通された席はピアノの真上。左耳真正面にスピーカーがあるというベストポジションだ。

sometime.jpg

平田さんの歌声とギター、いぶし銀のミュージシャン達の演奏。
あまりにも当たり前に、日常的に、美しく鳴らされている音楽は、きっとずっと前から変わっていなくて「ここはいつも通りですよ」と囁きかけられているような気がした。

東京に暮らしていたって、突然漠然とした不安感に襲われる事があり、それはあまりにもランダムだ。
仕事や生活は途切れなく続いているんだけど、たまたまの何かが時に妙にひっかかって暴力的に響いて、妙にネガティブな気分がやって来る。

この日も実はそんな気分が堪えていた所だったが、鍵盤にそっと置かれる渋谷さんの手や、平田さんの鳥のさえずりの様な歌声、アルトサックスの鈍い金色、そしてジョビンやノラジョーンズなどのよく知ったメロディー達に包まれて、「まだ大丈夫」と落ち着く事が出来た。
根拠はなくたってこの安堵は実感で、今はより多くの人と共有したい雰囲気だと思った。

帰り際に渋谷さんにもご挨拶が出来た。
「お寺のイベント、雨が降ったよねえ。台風の日だ。」なんて覚えてくださっていて、いつもの柔らかい表情にすっかり気持ちがほだされてしまった。
今日サムタイムに来てよかった。

以前、サワサキヨシヒロさんと飲んだ際
ボサノヴァはそもそもサンバをやりたい様な人種が、グッと抑えてストイックに徐々に高揚感を高めていく音楽なんです。」
と仰られていて、成る程と思った。
帰りのタクシーでそんな言葉を思い出して、なんだか今の空気にぴったりの音楽なのかもしれないな、と一人合点がいってしまい、思わずキングインターナショナルのSさん、そして平田王子さんご本人にもメールを送った。

こうやってご縁が広がっていくのは、本当に嬉しいし、たのしい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: L.I.F.E.G.O.E.S.O.N

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.komyo.net/apps/mt-tb.cgi/893

コメントする

このブログ記事について

このページは、管理者が2011年4月 2日 10:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オーディナリー・デイズ」です。

次のブログ記事は「四月の風」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。