今日の神谷町: 2008年5月アーカイブ

雨で気温の低い日。
温かいほうじ茶で暖を取りながらテラスを開く。
自転車で毎日やってくる常連さんも「さすがに今日は休もうかと思った」と。
ありがたいけれど、無理はしないで。
雨の中、古馴染みのお客様が久しぶりに訪ねてくださる。新聞記事を見たとのこと。
「続けているといいこともあります」と言いあう。
「ブログ見てます」という声も嬉しい。

080527_1529~01.jpg
「相撲みやげ」
ちょっと前にお寺のみんなで相撲観戦に行ったのだが
お土産におかきをいただいた。せっかくなのでこの日のお菓子に。

五月晴れ

| | コメント(0) | トラックバック(0)

DSC08178.jpgオープンテラスのカウンターと、その向こう側の緑。左手はご予約席。
晴れた水曜日。遠方から足を運ばれるお客様が多く、遠くは京都からいらした方も。
手作り和菓子の青梅と、きれいな写真を頂きました。

お昼休みにやってきた方がゆったりとお過ごしいただけるように
この日のテラスはご予約の時間帯を変更し、滞在時間もいつもより長くとりました。

近くから、遠くから、色々な方がいらっしゃいます。
お茶やお菓子を喜ぶ方、スタッフとの会話を好まれる方、お静かに過ごしたい方。
自分たちには特別なことはできないのですが、テラスで過ごす時間が
いつも心地の良いものであるよう、色々と手を動かしてみます。
来週水曜日も、少し長めでいってみますね。

手づくり仲間

| | コメント(5) | トラックバック(0)
070.JPG べんべん副店長との二人テラス。

浅草から着物の好きなお客様がお友達同士で来訪。
お茶やわらびもち等をお出しし、いただいたお裾分けを回しあいながら、お寺のこと、「お坊さんの和菓子」のことなどを話す。
浅草ローカルの話も弾んだ。東京タワーを眺めながら、押上付近にできる新東京タワーの話など。

「和裁の教室を開催している」とのこと。話を聞いているうちに、だんだん興味がわいてきた。そのうち、シャツにエプロンではなく作務衣を着ておもてなしを始めるかもしれない。


他にも、お寺参りと猫が好きなお客様の来訪や、昼休みの合間を縫って少し遠くから(片道徒歩10分くらい)やってくるお客様もあり。この日の気温は27度。さすがに暑さがこたえただろう。
お昼休みにご利用される方にも過ごしやすいよう、ご予約時間を再考してみよう。

よく晴れた日。ダスターと紙ナフキンを新調する。

二年目からのスタッフ、キミネさんとの二人テラス。
お昼休みに落ち着ける時間ができて、手のあいたカウンターで話す。
「これくらいがやっぱり、いい感じです」
「昔に比べてずいぶん余裕ができた」
「暑いときって、スタッフ3人でも足りなかったですね」
昔の記録を見直すと、一日に100杯のドリンクを出したこともあった。
「カフェでいくのも楽しいけれど、先を争わせるのはちょっと違うかも」
「やっぱりお寺ですからね、おまいりする方がおらんと...」
「そうだよね」

「今年はぼちぼち、こんな感じで」と確認。
どなたさまもいい雰囲気の昼休みを。

光明寺の門前に、気になる木があります。

080424_1509~01.jpg

5メートルくらいの高さの細い木で、春にきれいな葉をつけます。葉はいつのまにか緑になます。桜のやや後、オープンテラスのプレオープン頃にはきれいなピンク色をしていて、お客さまから何度か名を聞かれました。
自分には分からず、お寺の方に聞くと、やはり名前は分からないとのこと。咲き始めが赤い芽だからか、先代から「アカメッチャンと呼んでる」そうでした。
ところが最近、お寺に花を卸す花屋さんのグループがお客さんに。
お店を訪問し、赤い葉を預けて木の名を尋ねました。

それからしばらく。葉っぱの色が変るころ、花屋さん達がテラスに。
いただいたカードには

SN340145_0001_0001.jpg
「多分ですが ムクロジ」

お正月に、はねつきの羽根に使われていたとか。
「ムクロジの変種だと思います。秋に黒い小さい実をつけたら、そうですね」
冷たいお茶とお菓子で労いました。

秋にはどんな実がなるか、今から楽しみです。
よかったら確かめてみてください。
都市計画を研究する学生さんが来訪。お寺や神社の境内に関心を持っているとか。
質問をいくつか受け、自分の体験した範囲でできるだけお答えする。
最後にはなんだか、ご縁の話となった。

昔のことは江戸のお寺が、最新のことはNature,and Beyondが参考になるかもしれない。
何かが生まれる機会になればと思う。

お祝いの一品

| | コメント(0) | トラックバック(0)
午後一時までの縮小テラス。

本日のお菓子は嶺岡豆腐。牛乳を練り込んだ胡麻豆腐。
精進料理でありながら牛乳の使用を許された唯一の食べ物で
お釈迦様の誕生日に食べられる。
テラスでお祝い事があり(また別の機会に)ちなんでお出しする。

嶺岡豆腐をお出しするときに由来を話したところ
「実は、はなまつりが誕生日」と、お客様。
となると、これはバースデーケーキやクリスマスケーキのようなものか。

午後からはお寺の行事。一時間ほど、本堂でお経や法話。
テラスにお越しいただいた方には、その間のご静粛をお願いする。
nicecut.jpg
芸者言葉で「お茶を挽く」と言えば、お客さんが来なくて暇なこと。台風2号の影響で暴風雨、冬のようなお天気。テラスのお客さんも大半がお休み。空いた時間で豆を挽き、雨の中やってきたお客さんにホットコーヒーをお出しする。

この日にやってきたお客さんはこの間まで海外で日本語を教えていたとか。ネパールで聞いたお経の話を聞いた。日本のものとも、チベットのそれとも違って面白いそうだ。


もしもの時も

| | コメント(0) | トラックバック(0)
12時半からの短縮テラス。
沿線で電車が止まり、テラスへの到着が大幅に遅れたため。
本日ご予約いただいた方にはキャンセルをお知らせする。
「もしもの時」に備える大切さを思う週末。

今年はじめての木曜テラス。おもてなしをする曜日を今年から
昨年の月・水・金から祝日の影響を受けにくい水・木・金曜日に改めたが
するとなかなか、テラスを開けるタイミングに恵まれなかったのだ。

この日は遠方からお越しになったお客様にお茶を出す機会に恵まれた。
念願のご来訪とのことで色々とご質問を受ける。
ずいぶん昔から気に掛けてくださっていたようで、オープン初年度の
テラスのWebページを印刷した物を見せていただいた。
無線LANを呼び物にしていたり、今はなきアイスティーがメニューにあったりと
ずいぶんと懐かしくなる。

おまいり日和

| | コメント(0) | トラックバック(0)
昼時のテラスにはいつも多くの若い方がやってくるが
よく晴れた日はお年を召した方の姿も見られる。
お寺にやってきてお墓参りをし、その帰りにテラスに寄ってくれるのだ。
天気の良い日はお墓参りにも良い日に違いない。
大概はご予約外だが、ご注文にはできるだけ応じることにしている。

この日は朝一番に団体さんがテラスに見えて、冷たいお茶を頼まれた。
わかして間もないほうじ茶をたくさんの氷で冷やしてお出しする。
誰もが墓地の方向に体を半分向けて話をしていた。

これから来るお客様の分、ほうじ茶を追加で作ることにする。
ゴールデンウィーク中日のオープンテラス。
全時間帯でご予約をいただいた。
ご予約時の短いメールから、どんな方かを想像しつつ
朝から掃除をし、お茶を仕込み、準備を進める。
ご用があればお席まで出向いて話を聞いたりご質問に答えたりする。

mixiのテラスコミュからやってきた方、一年目からの馴染みの皆さん。
ブログを長く気に掛けてくれた方。昼休みに気になっていて予約に踏み切った方。
海外に旅立つ前の時間でテラスに集まり、楽しんでくれた懐かしい方々。

色々なご縁を耳にしながら、滅多にないほど和やかな時間が流れる。

Kamiyacho Open Terrace

Kamiyacho Open Terrace is a relaxing space like a cafe in Komyoji Temple Tokyo. If you don't know it, read this English page first.

神谷町オープンテラスは、東京メトロ日比谷線神谷町駅前の神谷町光明寺の境内を活かしたオープンスペースです。初めての方はこちらのページをご覧ください。

このアーカイブについて

このページには、2008年5月以降に書かれたブログ記事のうち今日の神谷町カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは今日の神谷町: 2008年4月です。

次のアーカイブは今日の神谷町: 2008年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ