今日の神谷町: 2007年10月アーカイブ

waffle.jpg
今日は最終日。
昼。普段の倍量用意したわらびもちがそろそろなくなりかけてきたころ。
知人のOさんが昼休みにオープンテラスにやってくる。
「仕事の途中で寄ったから」とカウンターで白い箱を無造作に差し出した。
お礼を言って再び接客に戻ると、Oさんはしばらくそわそわと滞在し
しかるのちにまた忙しそうに辞去していく。

箱の中身は食べやすくて目に楽しいワッフルの詰め合わせ。
Oさんは仕事と言ってはいたが、確か内勤のはずだ。
それに、Oさんの職場は電車を2つ3つ乗り継いだ先にある。
あまり語らないOさんの、無骨だが繊細な気配りを感じる。
「これ、分けようよ」
りえこさんとまきさんがそう言ってやわらかいワッフルを包丁で切り分けお皿に盛る。
こういうときに差し出すことを厭わず、惜しまず手を動かせるスタッフに囲まれて本当によかった。
落ち着いてきた時間を見計らってお客様にお出しする。ずいぶんと喜ばれた。
毎日来る方。はじめてお越しの方。お久しぶりの方。楽しそうにしている。
挨拶をして回り、寄せ書きを残してもらった。いつもどおりに、14時に看板を閉まった。

今年度のオープンテラス、おもてなしは10/31をもっていったん終了。
また春ごろ、お会いしましょう。今年もありがとうございました。
・冬の間にお越しの方は、こちらをどうぞ。
・オープン終了の経緯はこちらを。
・どんな人がやっているの?と思ったら「スタッフ紹介」のカテゴリに。
・ブログは時々、更新されます。

台風一過、よく晴れた月曜日。冷たいものをお出ししながらひとりテラス。
歌人の天野慶さんがご夫妻とお子さん二人、一家総出でオープンテラスに遊びに来た。
都心らしからぬ、なんだかお寺らしい、ぽかぽかした雰囲気。
夕方のテラスで掃除を済ませると、五時のチャイムが鳴った。

港区の五時のチャイムは「ゆうやけこやけ」だが、最後は「かえるがなくからかえろ」となる。
オープンテラスのおもてなし時間は14時まで。開放時間は17時まで。
かえろかえろと、一家と一緒に神谷町を後にする。

久しぶりの大雨

| | コメント(0) | トラックバック(0)

台風20号接近、大雨。各地で電車が止まったそうだ。
今日はドリンクのみ。じっくりとカウンターにてコーヒーをいれる。

昼休みが明けると開店休業モード。
たまった洗い物を片付けているとお客様が見える。
お寺のお話をお伺いしたいとのことで来訪された。
ハロウィンが近いこともあり、かぼちゃのまんじゅうを頂いた。
場にいる全員で分けながら四方山話。

時々はこういう日があっても楽しい。

sobac.jpg
快晴。遠くから近くからたくさんの方がいらっしゃいました。
そんな中、ときどき顔を出してくださったaiさんが来訪。
テラスが終わるまでに行かねば、と足を運んでくださったとのこと。
お手製のそば粉のクレープを差し入れにいただく。甘さ控えめで上品な味。
お菓子の話、ご近所のおいしいもの情報など。
ここには載っていないけれど、まきさんからロールケーキの差し入れあり。
さっぱりとした風味。本堂に集まるみんなとシェアして楽しみました。

昼休みの忙しさも一息ついた午後。
お寺の音楽会「誰そ彼」の遠藤くんとはるかさんがオープンテラスに遊びにきました。

「お客さんでははじめて来る」
「そういえば、昔はこっちでお手伝いしてたよね」
はるかさんは最初の一年間スタッフをやっていたし、遠藤くんは夏休みに遊びに来てくれました。
二人の趣味は誰そ彼によく反映され、昼間のテラスでは本棚に名残があります。

about.jpg
そのころのオープンテラスは椅子も机もお寺の備品。今とだいぶ違います。

「向こうで昼、食ってるから」
「何か飲んでく?」
「じゃ、コーヒー、ホットで」「コーヒー2つ」
「かしこまりました」

そういえば、昔はホットコーヒーなんてメニューにありませんでした。
豆を自分の所で挽くなんて、思いつきもしなかった。
今の形になるまでにはいくつかの印象的なできごとがあるのですが
全部説明すると日が暮れてしまうので、別の機会に。

日が暮れたらテラスはおしまい。
日が暮れてから始まるのが誰そ彼です。


■誰そ彼 Vol.11
日時:2007年11月17日(土)17時開演予定
場所:梅上山 光明寺
料金:1000yen with 1drink
出演:ゴトウイズミ+アコーディオン
   久住昌之&Blue Hip
   fishing with john

□彼は誰 (かわたれ)
日時:2007年11月18日(日)17時開演予定
※会場に急な予定(お通夜等)が入ってしまった場合は中止
場所:梅上山 光明寺
料金:1000yen with 1drink
出演:村上ゴンゾ、福井恒太郎、川村コウジ、西出剛大、
    POCA、 MY PAL FOOT FOOT
    and more...

「ランチ難民」とは、お昼に食事にありつけず、移動を繰り返す人やその現象のこと。
神谷町はビジネス街で昼間の人口がとても多いところだがそれに比べて
気軽に食事をできる場所があまり多くはなく、「ランチ難民」の多発地帯とされています。
コンビニやレストランにできる長蛇の列を見るに、実感では、だいたい20%から
30%くらいはランチにあぶれて難民化しているのではないでしょうか。
テラスにはお弁当を持ってくるお客様がとても多くいらっしゃいます。

そういえば、お昼に出会うお客様から「お昼はどうしているんですか?」とよく聞かれます。
お寺の人はお寺のご飯をいただくのではないか、というイメージが強いようです。
実際は、その日のメンバーで近隣にごはんを買いに行ってテラスで食べています。
しかし、ここに落とし穴。
朝ではお弁当を売っていない。ランチタイムは手が離せない。その後はどこも閉店、売りきれ。
そこで、スタッフもときどきランチ難民と化して近隣を歩きまわります。
おいしいお店の情報は、いつでも歓迎です。

秋味

| | コメント(0) | トラックバック(0)

おはようございます、店長です。
秋になってきましたね。
今日は秋らしい色合いのわらびもちをご用意して、お待ちしてます。
どうぞ、よいテラスを。

cha2.jpg
焼さんまのおにぎり。

テラスのおもてなしは午後2時に終了。
片付けを済ませて3時には遅いお昼をいただきます。 
近くのお店でお弁当を買ったりカレーをテイクアウトしたり。

ご飯を食べる向こうでは、ゆったりと休まれる方。
ミーティングをする方々。お参りから帰ってくる方。
思い思いに、ほっとする時間です。

cha1.jpg
たっぷり作ったほうじ茶。写真では分かりませんが、お茶のこうばしい香りがします。
半分はピッチャーに注いで冷却、氷を入れたグラスで冷たいほうじ茶に。
もう半分はポットに入れて保温、マグカップであたたかいほうじ茶に。

ほうじ茶準備中

| | コメント(0) | トラックバック(0)

576016258_130.jpg
やかんのお湯が沸きました。
テラスの朝はほうじ茶作りから始まります。
熱いお湯とたっぷりの茶葉で、おいしいお茶ができます。
もう10月。そろそろ温かいのもいいかもしれません。

Kamiyacho Open Terrace

Kamiyacho Open Terrace is a relaxing space like a cafe in Komyoji Temple Tokyo. If you don't know it, read this English page first.

神谷町オープンテラスは、東京メトロ日比谷線神谷町駅前の神谷町光明寺の境内を活かしたオープンスペースです。初めての方はこちらのページをご覧ください。

このアーカイブについて

このページには、2007年10月以降に書かれたブログ記事のうち今日の神谷町カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは今日の神谷町: 2007年9月です。

次のアーカイブは今日の神谷町: 2007年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ