ご利用の手引き: 2012年5月アーカイブ

お客様のご質問にお答えします。
質問:お坊さんとお話をできるのは週に一日だけですか?

答え:水曜日、金曜日のテラスのおもてなしの際もお話をお伺いすることができます。
ただ、お茶、お菓子のおもてなしに関わることも基本的に店長が1人で行うため
お茶を出したり、お菓子を作ったりする分だけ(10分ほど)お話にかけられる時間は
少なくなる傾向はございます。
また、予約状況によっては別のテーブルのお客様のおもてなし、お話を行ったり
本堂にご参詣に来られた方のご対応をすることもありますので
たびたび席を外すことがあることもございます。

そういったわけで、時間は短くなりますが、水曜日、金曜日にもお話を聴くことはできます。
お茶やお菓子などをお召し上がりになりながら楽しくお過ごしください。
もし何かございましたらお声掛け頂ければと存じます。
なお、オープンテラスではアンケートをご用意しております。
何か聴きたいことなどございましたらお待ちの間にご記入いただければと存じます。

どうぞよろしくお願いいたします。
120328_1305~01.jpg
こんにちは、店長です。
今日はオープンテラスのご予約席についてご案内いたします。
ご予約席は黒いソファ2台と左奥のテーブル席1台です。
事前にご予約頂いた方をこちらのお席にご案内し、お茶やお菓子のおもてなしをいたします。
他のお席(ベンチ席2台、階段側のテーブル席9台)は、どなたでも予約なしでご利用頂けます。

・どうしてご予約席を作るのですか?
→思いあって連絡を頂き、お寺を訪ねる方に席を空けておくためです。
晴れた日の12時台は全ての席が埋まってしまうこともしばしばありますが、
事前にご連絡を頂いていればお席のご用意ができます。

・どうして奥の座席を使うのですか?
→カウンターに近いこと、他の席に比べて比較的静かであることがその理由です。
店長は奥のキッチンでお茶をいれたり、カウンター近くで接客を行ったりしております。
「お坊さんと話がしたい」という方が遠い席にお掛けになっていると
席とカウンターとの往復でちょっとしたことでお待たせすることになります。
近くのお席にいらっしゃる場合、よりお話ししやすいかなと思われます。
また、手前にあるテーブル席には他のお客様も周囲でご利用されております。
お仲間とおくつろぎになる場合も、奥の座席の方がよりよいのではないでしょうか。

・6席用意できるのに、どうして最大4席までしか予約を取らないのですか?
→ご予約時間は一回50分間ですが、一度にたくさんの方をおもてなしするよりも
人数が少なくともしっかりとおもてなしができればと考えております。
経験則から言って、時間内に十分なおもてなしをできるのは1グループ4名様、
2グループ2名様ずつ、までであります。それ以上の数となると
なかなかお一人お一人に対応しきれないことも出てきてしまいます。
そのため、4名様までとさせて頂いております。
なお、空いたお席は「どうしても」というご用のある方、体調のすぐれない方のために
キープしてあります。

■参考
ご予約制について
「お寺のおもてなし」とは?

Kamiyacho Open Terrace

Kamiyacho Open Terrace is a relaxing space like a cafe in Komyoji Temple Tokyo. If you don't know it, read this English page first.

神谷町オープンテラスは、東京メトロ日比谷線神谷町駅前の神谷町光明寺の境内を活かしたオープンスペースです。初めての方はこちらのページをご覧ください。

このアーカイブについて

このページには、2012年5月以降に書かれたブログ記事のうちご利用の手引きカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはご利用の手引き: 2010年9月です。

次のアーカイブはご利用の手引き: 2012年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ