木原祐健: 2007年8月アーカイブ

こんばんは、店長です。
今日はテラスは一日お休みをいただき、スタッフのみんなで築地本願寺のライブ「他力本願でいこう」のお手伝いをしています。
お天気あまりよくないですが、ライブにDJ、仏像ガールに猫ひろし。お寺の中は極楽ですよ。
21時まで立入自由。お仕事帰りにもぜひ!

朝から雨ですね。
半袖ではやや肌寒い店長です。今日はりえこさんとの二人テラス。

今日のお菓子はわらびもち。もっと冷たいお菓子はどうかと検討したのですが、お客さまの体を冷やすのは心苦しくて。今日は普通のわらびもちです。

8/31の金曜日は、テラススタッフが築地本願寺のライブ「他力本願でいこう!」にスタッフ参加するため、テラスはお休みいたします。ご了承ください。

拝・ボーズ!

| | コメント(0) | トラックバック(0)

昼休みのテラスに、見慣れない団体さんがお越しになる。

「アイスほうじ茶6です」
「6ですか。6ってすごいですね店長」
まきさんが淡々とお茶を作る。一度に無理なくお出しできるご注文は3つくらいで、それを越えると暫くお時間を頂くことになる。

今回は6つをお待たせせずにお出しできる。後ろを支えるまきさんの準備のよさが実ったわけだ。

お茶を出しながら話を伺ってみると、みなさんお寺とゆかりのある大学の学生さん。にこやかに楽しそうにお過ごしになる。
帰りには全員揃って記念撮影。

はい、チーズ

みんな合掌のポーズ。

今週の金曜日、築地本願寺にてライブ「他力本願でいこう!」が開催されます。
2005年の夏に始めて今年で三回目。毎回スタッフで参加しています。毎回とても楽しいです。
神谷町から築地までは日比谷線を使って一本でいけますよ。お仕事帰りにも、ぜひ。

本願寺LIVE 他力本願でいこう!2007
HP http://www.engi.jp/blog/tariki/
mixi http://mixi.jp/view_community.pl?id=227581

【開催日時】
2007年8月31日(金)17:00〜21:30

【会場】
築地本願寺本堂
(東京都中央区築地3ー15ー1)

【内容】
ライブ × 法話 × 法要

【出演】
※50音順。タイムテーブルは当日発表。
朝日美穂
遠藤賢司
サワサキヨシヒロ!(DJ)
nyangola
猫ひろし
metalmouse

★VJ
COTOBUKI

【主催】
宗教法人浄土真宗本願寺派
本願寺宗務首都圏センター
(東京都中央区築地3ー15ー1築地本願寺内)

★入場料無料
整理券の配布はありません。直接開場時間に合わせて会場にお越しください。
ただしご来場多数の場合は入場を制限させていただく事があります。予めご了承ください。

20070811678.jpg

店長です。
本日、スタッフ都合により12時過ぎからのオープンといたします。
スタッフが利用する電車に遅延があり、神谷町への到着が大幅に遅れるためです。

早い時間もテラスへの立入は可能ですが、おもてなしはできません。どうぞご了承くださいませ。

呼び鈴テラス

| | コメント(0) | トラックバック(0)

店長です。
本日はひとりテラスにつき、お菓子はお休みといたします。
場合によっては、少々お待たせしてしまうことがあるかもしれません。
そこで、今日のカウンターには風鈴を置いておきます。
ご用ありましたら鳴らしてお呼びください。

本日のお菓子「ひとだま」は、都合によりお休みとさせて頂きました。
申し訳ございません。またの機会に!

明日のテラスにはひとだまが出ます。
ひとだま、といっても新作和菓子。
優しい甘さの黄色いさつまいもに、ジュレ(ゼリー寄せ)をかけたもの、とされています。
※なお、今回お出しするジュレにはアルコールが含まれております。
お酒に弱い方はどうぞお気をつけ下さい。

明日はひさしぶりにたくさんのスタッフが集まります。
一緒にひとだまを見てみませんか。

SN340075_0001_0001.JPG
店長です。
夏休みの終わった神谷町ではスーツの方をたくさん目にするようになりました。
ひところよりいくぶんかよくなったものの、なお猛暑。「暑い」というより「からい」に近い陽気です。
こんなときだからこそ、テラスならではの涼しいお菓子がいいもんだと思います。

そんなわけで、本日のお菓子は、新作「怪談」でした。

夏の夜に忍び寄る霧をあらわした水羊羹「夜霧」に、くちなしで色をつけた新芋の甘露煮のジュレがけ「人魂」を添えました。夜霧の中に浮かぶ人魂をご賞味下さい。

とは、KAKUさんのコメント。
ちなみに、皿の上には笹の葉が乗っていて、色も香りも素敵でした。

夏の夜。墓地に夜霧が立ち、現れる人魂。
KAKUが夜にこしらえて朝に届けた怪談。
ここから先は、またいつかのお昼にお墓を見ながら話しましょう。

おはようございます。店長です。
折からの猛暑にあてられて、朝からぼうっとしています。

日本がこのまま暑くなり、いつか亜熱帯気候に変わってしまうなら、いつか、きなこと黒蜜の代わりにタピオカとココナツミルクを添えたわらびもちが和菓子の定番になる日も遠くはないのかもしれません。


すみません。猛暑でなくとも大概ぼうっとしています。

今日のお菓子はわらびもち。きなこと黒蜜を添えてお出しする予定。

では、今日もよいテラスを。

8/15(水)は、光明寺葬儀につき神谷町オープンテラスはお休みいたします。
なお、当日は立入をご遠慮頂いております。どうぞご了承くださいませ。

お盆の時期の神谷町は、駅に降りる人があまりに少なく、スーツの割合は半分くらい。
全体的に「夏休み」という感じで、コンビニもチェーンのコーヒーショップもこの時期はお休みするらしい。

お墓参りの方のため、神谷町オープンテラスは開けることにした。
お客さんはいつもの六割くらいだろうか。並ばせてお待たせしてしまうことはほとんどなかった。

よく喋る壇家さんの四方山話を聞く。昼休みにやってくるお客さんに挨拶をする。
観光で訪れる方にご案内をさしあげる。ここに来たきっかけ、ご縁の話をお伺いする。
ゆるやかな時期に来られる方々はみなゆるやかで、テラス全体がゆったりとした雰囲気だった。
お帰りの前に誰もがしっかり手を合わせてくださることが、当たり前かもしれないがとてもうれしい。


片付け、庶務作業を済ませて夕方、帰り際。お囃子がテラスにまで聞こえてくる。外に出ると商店会の縁日だった。日頃は石と鉄ばかりが目立つオフィス街で深々と土地の匂いを嗅ぐ。おいちゃんおばちゃんが元気に焼きそばを焼いていた。

529089972_235.jpg

彼岸寺より、仏教講座のご案内です。
仏教ってなんだろう。土曜の夜のお寺で、いっしょに聞いて、考えてみたいと思います。

***
仏になるための仏教講座、開講のお知らせ

 お待たせいたしました。いよいよ彼岸寺の仏教講座がスタートいたします!

 その名も「仏になるための仏教講座」です。仏教が目指すのは、仏になること。だから仏教講座といえば、どれも「仏になるため」のもので当たり前。でも、いまこの仏教の基本はあまりにも当たり前すぎて、ちょっと見えづらくなってしまっているような気がします。

 ですから、この講座ではこの仏教の根本に戻ってみたいと思います。仏教はどこからはじまって、どこへ行くのか。彼岸寺を通して、少しでも仏教の楽しさ、おもしろさを感じてくださったみなさんと、もう一度仏教のはじまりから学び、考えてみたいと思うのです。

 講師には仏教を深く知り、ご自身も仏教を生きられているかたをお招きします。開講記念として、今回講師としてお招きするのは、仏教をわかりやすく説かれた著書を多くだされている宗教学者のひろさちや先生です。仏教とはなにか、仏になることとはどんなことなのか。そして、一人の仏教者としてどのように仏教を生きているのか、お話していただきます。

 仏教のことを知りたいけれど、どうやって勉強したらいいかわからないという方。仏像やお寺に行くことは好きだけど、仏教のことはあまり知らないという方。仏教をもう一度はじめから学びなおしたい方。ぜひ、この講座に足を運んでみてください。

 ご参加お待ちしております!

*申込みについて:こちらのリンクから8月22日(水)までにメールにてお送りください。受付次第、メールをご返信いたします。応募多数の場合は先着順とさせていただきますので予めご了承ください。リンクがうまく行かない場合は、直接「kouza@higan.net」まで、件名を「仏教講座第0回申込み」として、お名前、電話番号、メールアドレス、参加をご希望される人数をお書きの上お送りください。

■仏になるための仏教講座 「第0回 仏教を生きる!」
□講師:ひろさちや先生(大正大学客員教授)
□開催日:2007年8月25日(土)18:00~20:00
□参加費:開講記念につき無料
□会 場:梅上山光明寺(東京都港区虎ノ門3-25-1 東京メトロ日比谷線神谷町駅から徒歩1分)
□お問い合わせ
虚空山彼岸寺 仏教講座係 kouza@higan.net
□協力:梅上山光明寺

--

こんばんは、店長です。
今週はお盆。「おやすみですか?」と聞かれたので、こちらで回答。テラスは開け、月・水・金におもてなしをいたします。


神谷町界隈の会社が夏休みに入ってしまうので、昼休みにお越しになる方はぐっと減るのですが、お休みを使ってお墓参りに来る方は増えます。

暑い中お参りにきてくださった方には、冷たいお茶でも飲んでいってほしいな、と思うのです。

そういうわけで、今週もテラスはあります。
月曜日はひとりテラスにつき、お菓子はお休みといたします。どうぞよろしくお願いいたします。

yorunokiri.jpg
朝にもお知らせしたとおり、昨日は新作の和菓子をお出ししました。
「夜の霧」三層に重なった寄せ物が鮮やかなKAKUの新作です。

真昼のお寺に突如として現れる夜の霧。その正体はいかに?
あなたの目で、舌で、どうぞ存分にお確かめください。

浅草よりこんにちは、店長です。

本日はひとりテラスですが、KAKUさんがおいしい新作和菓子を作ったと聞きつけて
お寺まで取りに行ってきました。新作和菓子、その名も「夜の霧」。
お昼少し前よりお出しする予定です。

なお、お盆休みの間もオープンテラスはいつも通り、
月・水・金のお昼におもてなしを行う予定です。

では、今日もよいテラスを。

オープンテラスで出すお菓子、実はけっこう手をかけています。
今回は、涼しいお菓子「黒蜜豆乳タピオカ」ができるまで。
時系列に沿ってお伝えします。


ある日の神谷町。

1000 乗り換え駅でスーパーが開店した。しばし考え、材料をいくつか購入する。

1030 神谷町到着。

1040 巨大な鍋に水を張り、点火。

1100 鍋がぐらぐらする。

1105 タピオカを茹ではじめる。茹で時間は60分から90分。

1130 台所でタピオカ用の黒蜜を仕込む。蒸気にあてられて少し酔う。

1200 豆乳を仕込む。

1230 タピオカが無事茹であがる。アルデンテ。流し水で冷やし、スタッフ間で試食。
「もう少し冷えているとすごくおいしいかも」 もう少し冷やす。

1250 ついに食べごろ。盛りつけを済ませる。
「黒蜜豆乳タピオカ」ようやくできました。

いつもは食べられない時間に来る方が、お菓子の存在を喜ぶ。 「ほんとにあるとは」
もうすぐ昼休みが終わるお客さんとはすれ違い。すみません。


1400 すべりこみでやってきたお客様に最後の一つをお出しする。 看板をしまう。

1430 鍋を洗う。

おはようございます。店長です。
暑い日は、皆さまほうじ茶をよく頂かれます。冷たくてさっぱりしたものは、よい。断言。
今日のお菓子はわらびもち。新作お菓子も近々登場予定です。
では、今日もよいテラスを。

こんにちは、店長です。

暑いと人も草木もよくのびます。テラスのお菓子もよくのびます。
炎天下にあまり長いこと置いておくと、わらびもちはコシがなくなり、嶺岡豆腐は空気に接する部分が溶けて液体になってしまいます。(そのため、この時期に嶺岡豆腐はあまりお出しできません。ご了承下さい)

お菓子、お出ししたときが食べごろです。「私はお昼を食べてからデザートに」という方も、よかったらはじめに一口だけめしあがってみてください。

では、今日もよいテラスを。

Kamiyacho Open Terrace

Kamiyacho Open Terrace is a relaxing space like a cafe in Komyoji Temple Tokyo. If you don't know it, read this English page first.

神谷町オープンテラスは、東京メトロ日比谷線神谷町駅前の神谷町光明寺の境内を活かしたオープンスペースです。初めての方はこちらのページをご覧ください。

このアーカイブについて

このページには、木原祐健2007年8月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブは木原祐健: 2007年7月です。

次のアーカイブは木原祐健: 2007年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ