お菓子について

| | コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは、店長です。
春から秋の間は本堂前のテラスで手作りの和菓子、ほうじ茶やコーヒーでおもてなしを行います。
冬の間は主に本堂で、ご来訪者とお話をする場を作り、様々なお話を傾聴させて頂いております。
現在はお菓子やコーヒーはお休みなのですが(テラスが寒くなり、長く滞在するには不向きのため)
店長は空いた時間に時々お菓子を作り、身近な方々に試食してもらっています。

さて、先日。テラスでお出ししている「お坊さんのお菓子」について
お話をする機会がありました。それをきっかけに考えたことなどを以下に掲載してみます。

オープンテラスでお菓子を出すのは、元々はお客様のアイディアでした。
「お寺と言えばお茶と和菓子がほしいよね」という声にこたえて
料理の得意なお坊さんがわらびもちを作って持参したのが始まりです。
わらびもち嶺岡豆腐(牛乳でこしらえた胡麻豆腐のデザート)といったメニューがご好評を頂き
それからはコーヒーやお茶に合わせて様々なお菓子をお作りしてお出しするようになりました。
季節限定の一品(あじさい)、お寺にゆかりがあるデザート(うめもどき)などもございます。
3年目からは店長がお菓子作りを引き継ぎ、お坊さんのお菓子を作るようになり、現在に至ります。

和菓子は日替わり1種類。ご予約限定です。
前日までにメールでご予約を受け、どうしても食べられないものをお伺いしてから
季節や仕入れ状況と相談しながらお菓子を作っていきます。
(仏さまにお供えしたお菓子や、おすそ分けをお出しすることもございます)

「もっと種類を色々選べたらいいな」という声もあり、その気持ちはよく分かります。
ただ、オープンテラスはお店ではありませんし、お金をとるわけでもありません。
たくさん作ることはできないし、凝ったメニューを作ることも難しいです。
できることは、いらっしゃる方の顔を思い浮かべ、心をこめて作らせていただくことくらいです。

もしお越し頂けるときは、感謝をこめてお菓子やお茶をお出しいたします。
「お寺に来てよかった」と思って頂けたら、手を合わせるご縁となったら、とても嬉しいです。

SN3E0083.JPG
うめもどき(梅によく似た果実のコンポート。お寺の梅にちなんで製菓)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: お菓子について

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.komyo.net/apps/mt-tb.cgi/1063

コメントする

Kamiyacho Open Terrace

Kamiyacho Open Terrace is a relaxing space like a cafe in Komyoji Temple Tokyo. If you don't know it, read this English page first.

神谷町オープンテラスは、東京メトロ日比谷線神谷町駅前の神谷町光明寺の境内を活かしたオープンスペースです。初めての方はこちらのページをご覧ください。

このブログ記事について

このページは、木原祐健が2013年1月19日 23:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お坊さんのお菓子」です。

次のブログ記事は「オープンテラスの過ごし方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ