2012年5月アーカイブ

120530_0752~01_0001.jpg
わらびもちを作りました。
お菓子は基本的にその日の朝にお作りしています。
わらびもちは難しいお菓子ではありませんが、
よく練り、よく冷やすことが大事かもしれません。

その後、テラスでお皿に盛られて黒みつ、きなことともに提供されます。
お召し上がりになりたい方、メールにてお知らせ下さいませ。

お客様のご質問にお答えします。
質問:お坊さんとお話をできるのは週に一日だけですか?

答え:水曜日、金曜日のテラスのおもてなしの際もお話をお伺いすることができます。
ただ、お茶、お菓子のおもてなしに関わることも基本的に店長が1人で行うため
お茶を出したり、お菓子を作ったりする分だけ(10分ほど)お話にかけられる時間は
少なくなる傾向はございます。
また、予約状況によっては別のテーブルのお客様のおもてなし、お話を行ったり
本堂にご参詣に来られた方のご対応をすることもありますので
たびたび席を外すことがあることもございます。

そういったわけで、時間は短くなりますが、水曜日、金曜日にもお話を聴くことはできます。
お茶やお菓子などをお召し上がりになりながら楽しくお過ごしください。
もし何かございましたらお声掛け頂ければと存じます。
なお、オープンテラスではアンケートをご用意しております。
何か聴きたいことなどございましたらお待ちの間にご記入いただければと存じます。

どうぞよろしくお願いいたします。

テラスで野点

| | コメント(0) | トラックバック(0)
120528_1511~01_0001.jpg
野点。

以前テラスに足を運んで下さったお茶の先生がテラスに来訪。
雷雨の中、足を止めたお客様にお抹茶を振る舞って下さった。
お二人ともお菓子と抹茶のおいしさに驚かれた様子。
おいしく点てるとふんわりとした口当たりで、少し甘くもあるんですよね。
ありがたいご縁でした。
120328_1305~01.jpg
こんにちは、店長です。
今日はオープンテラスのご予約席についてご案内いたします。
ご予約席は黒いソファ2台と左奥のテーブル席1台です。
事前にご予約頂いた方をこちらのお席にご案内し、お茶やお菓子のおもてなしをいたします。
他のお席(ベンチ席2台、階段側のテーブル席9台)は、どなたでも予約なしでご利用頂けます。

・どうしてご予約席を作るのですか?
→思いあって連絡を頂き、お寺を訪ねる方に席を空けておくためです。
晴れた日の12時台は全ての席が埋まってしまうこともしばしばありますが、
事前にご連絡を頂いていればお席のご用意ができます。

・どうして奥の座席を使うのですか?
→カウンターに近いこと、他の席に比べて比較的静かであることがその理由です。
店長は奥のキッチンでお茶をいれたり、カウンター近くで接客を行ったりしております。
「お坊さんと話がしたい」という方が遠い席にお掛けになっていると
席とカウンターとの往復でちょっとしたことでお待たせすることになります。
近くのお席にいらっしゃる場合、よりお話ししやすいかなと思われます。
また、手前にあるテーブル席には他のお客様も周囲でご利用されております。
お仲間とおくつろぎになる場合も、奥の座席の方がよりよいのではないでしょうか。

・6席用意できるのに、どうして最大4席までしか予約を取らないのですか?
→ご予約時間は一回50分間ですが、一度にたくさんの方をおもてなしするよりも
人数が少なくともしっかりとおもてなしができればと考えております。
経験則から言って、時間内に十分なおもてなしをできるのは1グループ4名様、
2グループ2名様ずつ、までであります。それ以上の数となると
なかなかお一人お一人に対応しきれないことも出てきてしまいます。
そのため、4名様までとさせて頂いております。
なお、空いたお席は「どうしても」というご用のある方、体調のすぐれない方のために
キープしてあります。

■参考
ご予約制について
「お寺のおもてなし」とは?
お寺の音楽会「誰そ彼」、今年はじめての開催です。
本堂ではジャズトリオの演奏、海外アーティストの即興演奏あり。
テラスでは料理僧による精進料理ならぬ「仏料理」や飲み物もご用意。
法話、読経もございます。
詳細は「お寺の音楽会 誰そ彼」のWebサイトをご覧下さい!
http://www.taso.jp/


【誰そ彼 Vol.24 開催告知】
今年でなんと10年目を迎える誰そ彼。
記念すべき2012年最初の会は、スウェーデンはストックホルムより、Nils Berg率いるcinemascopeをお迎えします。
対するは日本から、Nils Bergとは旧知の仲であり誰そ彼出演は3度目というピアニスト、Saara率いるSaara trio!

cinemascopeは「編集の施された映像」という風変わりなバックトラック 上でジャズの即興演奏を繰り広げるというユニークな趣向の3人組。
... 映像を見ていただければわかるように、「インタラクティブ」なんて一時代前の目論見は何処吹く風の抜群のセンス!コンセプトより先に音があった、と思える不思議な説得力 from スカンジナビア。夕暮れの本堂を異界化させる大本命の登場です。

saara trioのリーダーであるsaara氏と、福岡の若きベーシスト松永誠剛氏は、ここ数年の誰そ彼の素晴らしいご縁のハブとなってもくれているご縁キーパーソン。
古民家からお寺から温泉まで、古くからパワーのある場所に、ジャズスピリッツを持ち込んでガンガンとアグレッシブに演奏する痛快なグループです。
今回はドラマーに鈴木伸英氏を迎え、光明寺本堂でスリリングな音の空中戦を魅せてくれる事でしょう!

■ お寺の音楽会 『誰そ彼 Vol.24』

日時:2012年5月19日(土) 17:00~21:00
場所:梅上山 光明寺(東京 神谷町)
料金:1,000円 with 1ドリンク
※ 今回はご予約制ではありません。当日、どなたでもご入場頂けます。

出演:
[Live]
・Nils Berg Cinemascope (from Stockholm, Sweden)
http://badmoonfreezing.blogspot.com/
・Saara Trio
http://soundcloud.com/saara/saara-trio-fly-high-live-in-tokyo-at-komyo-ji

[法話]
・木原祐健(浄土真宗本願寺派/神谷町オープンテラス店長)

[PA]
Fly sound

[選曲]
・Busse Posse DJ's

[Food]
・料理僧 KAKU (彼岸寺/暗闇ごはん)


[Drink]
・神谷町オープンテラス

>>詳細はコチラ
http://www.taso.jp/

Kamiyacho Open Terrace

Kamiyacho Open Terrace is a relaxing space like a cafe in Komyoji Temple Tokyo. If you don't know it, read this English page first.

神谷町オープンテラスは、東京メトロ日比谷線神谷町駅前の神谷町光明寺の境内を活かしたオープンスペースです。初めての方はこちらのページをご覧ください。

このアーカイブについて

このページには、2012年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年4月です。

次のアーカイブは2012年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ