妖怪坊主、妖怪をテーマに合同展覧会を開催!

| | コメント(2) | トラックバック(0)

Webサイト「彼岸寺」の絵師であり、
日頃は遠い島に住む妖怪好きのお坊さん、加藤さんが
東京・千駄木にて妖怪版画の展示会を行います。
オープンテラスにもご案内をおいてあります。
妖怪版画をぜひこの機会に!
___

彼岸寺絵師の「風眠庵(ふうみんあん)」こと妖怪版画家・加藤円正と妖怪をモチーフにしたシルバーアクセサリーを製作されている「田中屋」さんが合同展示会を開催いたします。

 当日はなんと風眠庵の妖怪版画を田中屋さんがシルバーアクセサリー化! 「今昔抄(こんじゃくしょう)」として「目競」と「魍魎」をモチーフにコラボレートします。第二回『怪』大賞「京極賞」を受賞した妖怪版画をぜひこの機会に!

■『今昔抄 暁』~konjakusoh_gyo~ 田中屋×風眠庵 妖怪合同展
□とき: 2007年 5月22日(火)~5月27日(日)11:00~19:00  
□ところ:千駄木空間」東京都文京区千駄木 2-49-8  
□お問い合わせ:千駄木空間(03-6904-3911)

ちなみに、テラスのイラストも加藤さんの筆によるもの。
070314_1435~02.jpg
お坊さんの横にいる生き物も、どうやら妖怪らしいですよ。

「食品衛生責任者」
070514_1413~01.jpg

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 妖怪坊主、妖怪をテーマに合同展覧会を開催!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.komyo.net/apps/mt-tb.cgi/230

コメント(2)

本日、初めて境内におじゃまさせていただきました。都会に、田舎のお寺のような、地域コミュニティーの場があったことを知り嬉しく思いました。事前にお作法を頭に入れたつもりが、カウンターに向かったら、つい「おいくらですか?」と。大変失礼いたしました。テラスの風や緑、足元に寄ってきたすずめ、お坊さんの物腰穏やかな対応に心癒されました。機会があれば、またお伺いしたいと思います。今日は、ありがとうございました。

・ゆきさん
お越し頂き、こちらこそありがとうございます。テラスのしくみはどうしても分かりにくいものです。お気を使わせてしまい、こちらこそ申し訳ありませんでした。
昨日はお坊さんとすずめが活発な日でした。その日その日に雰囲気が違うので、またほかの機会も楽しみにしていただければうれしいです。

コメントする

Kamiyacho Open Terrace

Kamiyacho Open Terrace is a relaxing space like a cafe in Komyoji Temple Tokyo. If you don't know it, read this English page first.

神谷町オープンテラスは、東京メトロ日比谷線神谷町駅前の神谷町光明寺の境内を活かしたオープンスペースです。初めての方はこちらのページをご覧ください。

このブログ記事について

このページは、木原祐健が2007年5月21日 09:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「おきもち」とは、ただなのか?」です。

次のブログ記事は「パウンドケーキ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ