2006年2月アーカイブ

2/27は神谷町オープンテラスの1 day openでした。
前日までの雨が上がり、寒いながらもよいお天気。光明寺の梅も見ごろに開いてきています。
今回のオープンも盛況でした。
はじめての方、常連さん、取材の方、お散歩がてらのご近所さん、遠方から来たお坊さん。
老若男女聖俗遠近問わぬ様々なお客様がお茶を飲んでお菓子をいただき、ひととき休んで帰っていく。
お寺としてもカフェとしても恵まれている、としみじみ実感いたしました。


本日の「お坊さんの甘味」は嶺岡豆腐。白は白胡麻、紫は黒豆です。
滑らかな舌触りやこっくりと上品な甘さは彼岸僧KAKUさんの研究と長い調理時間の賜物と言えましょう。
なかなかお出しする機会のないメニューです。どうぞ心して。


キッチンで盛りつけられたばかりの嶺岡豆腐。ご注文に備えています。
0227mineoka.jpg

店長です。
2/27の1 day openに向けてお坊さんや副店長とともに準備に走り回っております。
新しい豆を試したりカップを揃えたり、オープン前の日々はせわしく過ぎていきます。

さて、当日のお飲み物が決まりました!

お飲み物

・ほうじ茶
お坊さんが茶葉を厳選し、心をこめた一服です。

・コーヒー(Hot / Ice)
神谷町で挽きました。新鮮な香りと味わいをご堪能ください。

・アイスティー
雑味が少なくお食事にも合わせやすい紅茶です。


さらにおいしく進化したオープンテラスを味わっていただけますように。
では、開店までもうしばらくお待ちくださいませ。

金沢のお寺より、店長です。

2/27の1 day openには帰ってまいります。おくつろぎいただけることを楽しみにしております。

さて、当日のお坊さんの”本日のお菓子”が決定いたしました。

甘くとろける精進デザート、嶺岡豆腐です!


はじめての方もおなじみの方もお料理担当・彼岸僧KAKUさんのご説明をどうぞ。

【嶺岡豆腐】
禅寺で食べる精進料理は肉・魚はもとより牛乳も使いません。
しかし嶺岡豆腐は精進料理の中で牛乳を使うことが許されている珍しいものです。
嶺岡豆腐の名前にある「嶺岡」は千葉県の千葉県鴨川市にある地名で
徳川8代将軍吉宗がこの地で酪農を始めさせ、日本の酪農発祥地となった場所です。
嶺岡豆腐は本来、胡麻豆腐を作る際、水のかわりに牛乳を使ったもので
先付けや椀だねに使われます。
オープンテラスでは、この嶺岡豆腐をお菓子に仕立て上げました。
口の中に入れたときにとろりととろける感触をお楽しみ下さい。

”1 day open” のお知らせです。

    日時      2/27(月) 11時〜14時


1ヶ月ぶりのオープンテラスです。

お坊さんの”本日のお菓子”もご用意いたします。メニューは決まり次第、お知らせいたします。

月末のお忙しい時期かと思いますが、一息”ホッ”としにおこしください。
今回もテラス日和の晴天に恵まれる事を願います。

お待ちしております。                                     あっ、店長復活!?

Kamiyacho Open Terrace

Kamiyacho Open Terrace is a relaxing space like a cafe in Komyoji Temple Tokyo. If you don't know it, read this English page first.

神谷町オープンテラスは、東京メトロ日比谷線神谷町駅前の神谷町光明寺の境内を活かしたオープンスペースです。初めての方はこちらのページをご覧ください。

このアーカイブについて

このページには、2006年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年1月です。

次のアーカイブは2006年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ