テラー・トワイライト / tasogare staff blogでタグ「仏教」が付けられているもの

Niji

|
某月某日

写真-12-05-19-16-55-42.jpg

まもなく、2012年7月19日で『お寺の音楽会 誰そ彼』は10年目に突入する。
丸9年をぼんやりと振りかえってみて思う事は、「たくさんの人と出会ったなあ」という事だ。
イベントとして、多くの仲間や、ご出演者、そして来場くださる方々にとても恵まれているとつくづく実感する。
そして寛大にもこのようなイベントを開催させてくれている光明寺のみなさん。本当に感謝に絶えないです。
みなさん有難うございます。

イベントが続けられている事に対する感謝の思いがあると共に、一個人として『誰そ彼』の存在に感謝する思いがある。
『誰そ彼』の活動で得られる、仲間たちとの共感、出演者たちとの共感、ご来場の方々、そして仏教への共感は、何時の間にやら僕個人の人生の豊かさと密着していた。
自分のパーソナリティーを自己分析すると、『誰そ彼』以上に共感を得られる世間は無いのではないかと思う。
本当に有難いご縁だ。

世の中に、こんな気持ちの人があと100人増えたら、生き苦しい世の中由来によるいくつかの社会問題は緩和されるのではないか?と本気でちょっと思う。

少なくとも、光明寺さんの『誰そ彼』や『オープンテラス』の活動で大小あれど人生の豊かさみたいなものを享受されている人は、僕から見える範囲だけでも結構居る様に思う。
そして各々環境や事情は違えど、この「お寺」という施設は日本全国にコンビニよりも多い数で存在しているのだ。

(誤解を恐れずに)"お寺を利用させてもらっている身"としては、「ここにお寺の可能性があるんですよ!」と声を大にしたい。

だからこれから、この9年とそして10年目以降、僕が体験しているプロセスや、得られた結果をどんどん外へ発信していきたい。
それは光明寺さんや仏教への感謝であると共に、これから自分が担っていく使命のひとつかもしれないなと感じ始めている。

そんな思いも込めつつ、超宗派仏教サイト『彼岸寺』のインタビューに応えさせてもらった。
これを読んでくださった方が、僕たちのこの9年間のプロセスや成果を少しでも読み取って頂けたら嬉しいなあ。

【Interview】
・『彼岸寺』仏教はオルタナティブである/「誰そ彼」10周年記念 インタビュー
http://www.higan.net/news/2012/06/10.html


写真-12-05-19-22-49-28.jpg

デイドリーム・ネイション

|
某月某日

 - 『nam』創刊に寄せて

誰そ彼はこれまでライブイベント企画とあわせ、スタッフたちによる執筆活動も行なってきた。
媒体は会場で配るフリーペーパーや不定期発行のメールマガジンだ
前者も後者もイベントにまつわる"ふろく"のような気持ちでいながら、どこかで共感を得られれば幸いというスタンスで取り組んできた。
それらの活動の発展系としてこの度、誰そ彼のジンを創刊する事にした。

ジンとはZINE、個人発行の紙媒体のことで、所謂ファンジンや同人誌のようなもの。
タイトルは『nam』。これは"日本オルタナティブマガジン"の略で、このジンのテーマそのものを表している。

nam_title.jpg

人が活力を持って生きていくのに必要な要素はなんといっても「興味」だと思う。
興味がある時はワクワクして行動的になれる。
逆に、何事にも興味がない時はルーチンワークのように日々が過ぎていくだけになってしまう。

日常の中で僕らの興味を誘おうとしているものはたくさんあるけど、すぐ目につき手に取り易いのは大抵、資本にコントロールされているもののようだ。
それはこの日本においてはごく自然な事で、悪い事ではないと思う。
だけどそのガイドは僕たちがお金を支払った時点から徐々にフェードアウトしてしまう事が多く、
手に入れたものは何時の間にかタンスの奥にしまい込まれて残念ながら忘れ去られるケースが少なくない。

また、より大多数へのフィットを求めるが故に、価値観が画一化しているのも難点だ。
人によっては選ぶ対象にすらなっていない場合も多々あるのかと思う。

「オルタナティブ」という言葉は「もう一方の」といった意味合いを持ち、
90年代以降に「オルタナティブカルチャー」「オルタナティブミュージック」のような
キーワードとして使われてきた。

この場合、「もう一方の」とは先ほど挙げた資本経済、企業による支配的文化の外を示すと僕は解釈している。
際限ある価値観の元で、無理に「興味」を選択して日々を送るのではなく、
「もう一方の」視点から文化、社会、そして自分を見直してみた時に浮かび上がる「興味」を選択すること。
消費社会が進みきってしまった今では、特にたいせつな事ではないかと感ぜられるのだ。

僕たちがイベントを行なわせて頂いている「お寺」、ひいては「仏教」というものは
ある種そういった「もう一方の」視点を人々に提示してきたのだと想像する。
伝来当初、外来のモノである仏教は、確実に「もう一方の」ほうだったんじゃないかな。
それはきっと今でもそう。身近なお坊さんたちの話を聞いたり歴史の本を読んでいると
仏教についてあまり詳しくない僕でも「そうだ」という実感がある。

誤解を恐れずに言うならば、仏教はオルタナティブなものなのだ。

お寺がご縁で集った仲間達が、音楽がご縁で来られたお客様と
「もう一方の」視点を共有する。新しい「もう一方」を発見する。
そんな目的を掲げて誰そ彼の仲間たちと、『nam』を発進させようと思う。
我流の素人集団が運営するイベントであり、そしてジンなのでお見苦しい点も
あるかと思うが、多くの方にご参加頂ける袋となり、それぞれの「もう一方」を共有する機会として活用できればと願っている。

---
『nam』 no.0 創刊準備号
発行日:6/4(土)
価格:¥100
(誰そ彼 Vol.21会場にて頒布)
http://www.taso.jp

発行:誰そ彼
編集:斎藤遥
執筆:誰そ彼スタッフと仲間たち

マスター・アンド・エヴリワン

|
某月某日

以前、saara trio として誰そ彼にご出演くださったベースの松永誠剛君の呼びかけでちょっと遅めの新年会が催された。
同じく saara trio や Kenji Ikegamiさんのバンドメンバーとして2度誰そ彼で鍵盤を弾いてくださったピアノのsaaraさん、そしてSawada+Haradaというユニットでご出演後も外国人出演者のアテンドなどで大変お世話になっている原田君、誰そ彼のPAをずっと担当しているFlysoundの福ちゃん、等など僕と同年代のメンバーが集まった。
昨年11月の『音泉温楽2010』でも同メンバーが集結した事があったが、その時は場所も相俟ってかまるで修学旅行で他校生とつるむようなワクワク感を覚え、それ以来また一緒に酒を飲むのを楽しみにしていたのだ。

他にも、誠剛君繋がりのミュージシャンや音楽関係者が集い、京急蒲田駅に程近いカウンターだけのお店がいっぱいになった。
料理が驚くほどおいしいこのお店『侍』も、誠剛君のご縁のあるお店で初めてなのにとても居心地が良い。"ここじゃなきゃだめ"感をひしひしと感じた。
一番奥の席から、店の中のなんとも幸せな光景をにやにやと眺めていると、其処此処で交わされている話も其々おもしろそうだ。

IMG_7513.jpg

僕はPA福ちゃんと原田君と、お寺の構造あるある話をした。
おこがましい事承知の上で発言すると、光明寺の本堂はなんというかライブ向き。
所謂ステージ領域を設け、両脇にスピーカーを配置、そこから聴衆の座れる領域が充分に取れる。謂わばライブハウス的構造なのである。
光明寺に限らず、他のお寺にお参りした際も、僕はついついそういう視点で本堂を見てしまうが、福ちゃんは光明寺以外のお寺さんでもPAの仕事があるので余計実感があるようだ。

二人の共通の意見としては、光明寺のようなライブ向き構造のお寺というのは意外に少ない。
聴衆の座れる領域が寸足らずの場合が多いのだ。
仏様が色んな角度から見れるようにとの配慮なのか、せり出しており「余間」という左右のスペースにも座れるようになっている、コの字カウンター的構造が多い。
"音楽を聴く"という観点からすると、スピーカーの配置や演奏者の立ち位置などが難しい。

勿論、お寺の本堂は元々そういう観点では設計されていない。
福ちゃんなんかは、だからこそうまくやってやろうという面白さはあるかもしれない。天井の構造や壁の材質などは、ライブハウス等には無い特色があるわけだし。

僕は、お寺に"コの字カウンター的構造"が多いという点に思い至ったのが可笑しかった。
今日のような小さなお店によく見られるコの字カウンターは、ご主人ひとりで切り盛りするための作りといえよう。
全てのお客さんが視野に入り、注文を聞き易い、そして料理を出し易い。
これって、正に仏様のメソッドと似てる。人々をみておられ、人々から聞き、そして手をさしのべる。
お店では唯一の存在であるご主人と、お寺で唯一の存在である仏様。
どちらの方も、はたらきやすいようにその仕事場が整えられているという事か!
なんて考えながら、カウンター内で良い香りのつみれ汁を椀によそっているご主人を見た。

IMG_2137.jpg

※写真は誠剛君のアフリカ土産。「AFC48」ポスター。ガムで壁に貼られていたらしく4隅がべとつく。

僕らが旅に出る理由

|
taso_clear_300.jpgのサムネール画像
某月某日

『お寺の音楽会 誰そ彼』というイベントを東京 神谷町の光明寺さんで開催するようになってからもうすぐ8年が経つ。
元々、お寺や仏教とはご縁の薄かった自分であるが8年もお寺の周りをうろちょろしていたせいか、ここ数年は仏教に対して愛着のような思いがある。
信仰と称するにはおこがましいような、恐縮してしまうような小さな思いであるが、前には無かった仏教由来とおぼしき視点が備わったのだ。と言ったらそれは少し大袈裟かもしれない。

以前にこれを「好きな球団を得た心境」と表現してみたところ、僧侶を含む友人数名の共感を得る事が出来た。この表現がやはりしっくりとくる。
詳しく始めると長くなりそうなので今日は此処迄にしておくが、そのうち語り出すかもしれない。

先日、NHKのTV番組『日曜美術館』で平山郁夫さんの特集をやっていた。
平山郁夫さんについては名前を知っていた程度で、偶々チャンネルを廻しただけのはずがなんとも引き込まれて最後迄見てしまった。
諸星大二郎さんの西遊記を題材にした漫画『西遊妖遠伝』を愛読している僕は、シルクロードや玄奘三蔵に密かな興味を抱いていたのだ。

20110118hirayama-6.jpg
TV番組の中で、アフガニスタンで内戦のうちに盗難されてしまった、仏伝図「カーシャパ兄弟の仏礼拝」という作品が流れて今は日本にあるのだと知った。
仏教伝来と同じように、シルクロードの最果ては日本ということか。

僕が本や絵や映画の中のイメージを膨らまして空想するしかないような時代や、遠くの場所に生きる人々の暮らし。生きていく頼りとしての信仰がとても大切な人々。そんな人々が発する思想や、表現する芸術はとても強烈にみえる。
または、芸術や文化なんて思いもよらない時代や場所に生まれる人々も居る。
そんな人々こそ、更に強い祈りを秘めていそうだという気もする。

自分は信仰がなくても生きている。信仰は後天的な場合も多くあるだろうが、時代や人種や国や社会や家など広義での「生まれつき」に拠る部分が大きいのだと思う。
仏教では両者をとりまとめる便利な言葉もあると学んだが、僕のご縁は今の所は「好きな球団を得た心境」があるのみだ。

絵を眺める時、音楽を聴く時、本を読む時、ふと自分の立ち位置を確認したくなった時は「好きな球団」を思い出してみる。
この心境をもってして件のシルクロードに思いを馳せた時、遥か天竺に向けて旅立った玄奘を突き動かした衝動とは何だったのだろう?という問いが頭をもたげてきたのだ。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。