テラー・トワイライト / tasogare staff blogでタグ「人物」が付けられているもの

東京の街が奏でる

|
jindai.jpg

"旅から来た者帰った者が、自分しか知らない外部の事実を語ることで、これは近年ますます多くなっている"

"珍しい客がよそから来た時なども、珍しいからなるだけのその客に話をさせます。こういう話を世間話といいますが、世間というのは元は土地より外という意味でありました。
ところが昔の人たちは、余り広くその世間を知りませんでした。本も乏しく新聞もなく、旅行もそうたびたびはしなかったからであります。"



上記は柳田國男の『なぞとことわざ』という本からの引用だが、僕はこの本が大好きでもう何度も読み返している。
少し昔の、それこそ夕暮れ時を「誰そ彼」なんて呼んだりもした時代の人々の言語コミュニケーションや、ツールとしての言葉の使われ方が生き生きと描かれている。

特に気になるのが、先に引用したような外の世間からやってくる言葉やお話と、人々とのスリリングな邂逅の部分だ。
この本の中ではその箇所はあまりズームアップされないのだが、当時はそういう瞬間が稀にあったはずで、それはきっと今の時代には思いもよらない刺激的なものだったのだろうと想像する。

小沢健二のここ数年の著作『うさぎ!』や『企業的な社会、セラピー的な社会』、展覧会『我ら、時』、そしてライブツアー『ひふみよ』、『東京の街が奏でる』、これらを体験して思うのは『なぞとことわざ』の時代の村人たちの気分だ。
例えば、『東京の街が奏でる』での演奏の合間には「モノローグ」と名付けられた、小沢健二による世間話が挿入されていたが、これがもうほんとに世間話。
インド映画のオチについての話や、ネパールの変わったボディランゲージの話とか、広く世界の土着的な世間話。
『なぞとことわざ』の時代から比べるとこれだけ情報化が進んで、外の世間との往来も容易になったというのに、相変わらずびっくりするくらい文化や習慣の違いは存在し続けている。
僕たちにもまだまだ新しい世間話を待望する余地があるという事がわかる。

同時に僕らの世間は今現在あまり明るくないという事も思い出すけど、まだ知らない様々な世間話の中に、様々なヒントとなるような知恵や視点が詰まっているらしい。

それは古くからあることわざやなぞかけと同じようなこと。
この頃の小沢健二は、そんな事を教えてくれる語り部の様に見えるのだ。


追伸:
今回のツアーでは『LIFE』というレコードが全曲演奏され、(前回は日本語に置き換えられていた)「LIFE IS COMING BACK!」というフレーズが高らかに歌われた。
『LIFE』は18年前に作られ、その当時の東京の街の空気が詰め込まれている。聴き返してみると少し幻想的に感じられる。
フォークロアかファンタジーかと思える公園通りや東京タワーやいちょう並木の匂いがよみがえってきて、少し心がざわざわとしてしまった。

18年後、今の東京の匂いをどんな風に思い出すのだろう?

takemitsu.jpg



明日の神話

|
某月某日

UNI_2415.jpg
岡本太郎さんが生誕100年との事で、世間が盛り上がっている。
僕も学生時代に人並みに『今日の芸術』に感銘を受けて著書を読み漁り、太陽の塔を大阪まで見に行き、生田緑地の美術館によく足を運んだ口だ。
今ではその時ほどの熱はないけど、それでも2年に1回くらいはTARO参りと称して絵を見に行く事がある。
何かを始める時などはイキオイをもらえていい。

来週から東京国立近代美術館で記念展も始まるようだけど、NHKではスペシャルドラマをやっている。
『TAROの塔』というタイトルで、太郎役は松尾スズキさんだ。太郎の役を引き受けたという事自体がすごいし、やはり役を研究されたとみえ雰囲気も出ていると思う。かなりのプレッシャーだっただろうな。

以前NHKで水木しげる先生のラバウル戦記を香川照之さんが演じた事があったけどそれも凄くはまり役で、更に大友良英さんによる音楽も素晴らしかった。
今回のはエンドテーマが美輪明宏さんというのも気に入っている。

寺島しのぶさんによるかの子も凄い。その他配役はなかなか絶妙でスッと話に入る事が出来た。

1話目は太郎さんが万博のプロデューサーを引き受けるまでが描かれ、その間に幼少期の両親との思い出が挿入されていく構成だった。

「人類の進歩と調和」というテーマは、確かに如何にもお役所の考えそうな無難なもので、常に挑戦の中に生きている太郎さんにとっては全く相入れる所ない言葉だろう。
事実、そんなテーマは「ノン!」と否定をしながらも、万博のプロデューサーを引き受けている。

僕は79年の生まれで、岡本太郎さんの生前の記憶は残念乍ら薄い。当時の世間からどのような評価があったのかもわからない。
ただ"アヴァンギャルドの岡本太郎" が、(少なくとも体面上は)体制側で旗を振ったという状況を想像すると、そこに岡本太郎という人物の人柄を垣間見る事が出来ると思う。

確かに、一芸術家が国家規模の大きな予算と機会を動かして創作をするなどは、前代未聞である。それは紛れもなく大きなチャンス。
それがどんな経緯であれ、挑戦しよう、危険な道を行こうと考えられたのが、岡本太郎さんの格の違う点なのだろう。

ドラマでは小日向文世さんが、今は記念館になってる青山のアトリエを訪ねて「更迭されるかもしれない!」と土下座して頼み込むシーンがあったが、その個人も含めて、日本自体を助けてあげなければという人情的な使命感もあったのではなかろうか。
決してそんな事は口に出さない人だし、表情からはわからないけど、実は驚く程に繊細な心配りのお方なのである。
芸術家として地獄の道を孤独に歩み乍らも、いざ頼られると古来の日本男児らしい親分肌が見えてくる。然るべき決断と恐るべき実行力。そんな所が凄く好きだ。

そして結果はご覧の通り。日本国民は「ノン!」とは言わなかった。今では100歳を祝われる程の人気者だ。
当時のメディアはあまり太陽の塔についてふれなかったと言うが、触れられなかったのだろう。
保守も前衛も関係ない問答無用にみんなの心に響くベラボーなもんを作ったのだ。
実に難解なホンネとタテマエのクロスロードを、圧倒的な創造性と実行力で成し遂げたのだ。

ドラマはまだ2話目の録画を見れていないが、今後が凄く楽しみだな。

そういえば、生田緑地の美術館で生前の岡本敏子さんを一度だけお見かけした事がある。
大きな窓から差し込む陽光に照らされて、実に柔らかい顔で笑ってらした。凄く幸せそうな佇まいだったな。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。