テラー・トワイライト / tasogare staff blogでタグ「ライブ」が付けられているもの

東京の街が奏でる

|
jindai.jpg

"旅から来た者帰った者が、自分しか知らない外部の事実を語ることで、これは近年ますます多くなっている"

"珍しい客がよそから来た時なども、珍しいからなるだけのその客に話をさせます。こういう話を世間話といいますが、世間というのは元は土地より外という意味でありました。
ところが昔の人たちは、余り広くその世間を知りませんでした。本も乏しく新聞もなく、旅行もそうたびたびはしなかったからであります。"



上記は柳田國男の『なぞとことわざ』という本からの引用だが、僕はこの本が大好きでもう何度も読み返している。
少し昔の、それこそ夕暮れ時を「誰そ彼」なんて呼んだりもした時代の人々の言語コミュニケーションや、ツールとしての言葉の使われ方が生き生きと描かれている。

特に気になるのが、先に引用したような外の世間からやってくる言葉やお話と、人々とのスリリングな邂逅の部分だ。
この本の中ではその箇所はあまりズームアップされないのだが、当時はそういう瞬間が稀にあったはずで、それはきっと今の時代には思いもよらない刺激的なものだったのだろうと想像する。

小沢健二のここ数年の著作『うさぎ!』や『企業的な社会、セラピー的な社会』、展覧会『我ら、時』、そしてライブツアー『ひふみよ』、『東京の街が奏でる』、これらを体験して思うのは『なぞとことわざ』の時代の村人たちの気分だ。
例えば、『東京の街が奏でる』での演奏の合間には「モノローグ」と名付けられた、小沢健二による世間話が挿入されていたが、これがもうほんとに世間話。
インド映画のオチについての話や、ネパールの変わったボディランゲージの話とか、広く世界の土着的な世間話。
『なぞとことわざ』の時代から比べるとこれだけ情報化が進んで、外の世間との往来も容易になったというのに、相変わらずびっくりするくらい文化や習慣の違いは存在し続けている。
僕たちにもまだまだ新しい世間話を待望する余地があるという事がわかる。

同時に僕らの世間は今現在あまり明るくないという事も思い出すけど、まだ知らない様々な世間話の中に、様々なヒントとなるような知恵や視点が詰まっているらしい。

それは古くからあることわざやなぞかけと同じようなこと。
この頃の小沢健二は、そんな事を教えてくれる語り部の様に見えるのだ。


追伸:
今回のツアーでは『LIFE』というレコードが全曲演奏され、(前回は日本語に置き換えられていた)「LIFE IS COMING BACK!」というフレーズが高らかに歌われた。
『LIFE』は18年前に作られ、その当時の東京の街の空気が詰め込まれている。聴き返してみると少し幻想的に感じられる。
フォークロアかファンタジーかと思える公園通りや東京タワーやいちょう並木の匂いがよみがえってきて、少し心がざわざわとしてしまった。

18年後、今の東京の匂いをどんな風に思い出すのだろう?

takemitsu.jpg



ワールド・パッション

|
某月某日

会社帰りに吉祥寺のサムタイムに寄った。
以前誰そ彼でベースを弾いてくれた福岡の松永誠剛くんが
ブッキングしたライブがあったのだ。

出演はフランスのレミ・パノシアンのピアノトリオ、
そしてアルメニアのティグラン・ハマシヤンのソロピアノという
ピアノづくしのイベントだ。

サムタイムの階段を降りると、いつもの安心の空気が広がっている。
誠剛くんは前日の東京JAZZでティグランの演奏を
初めて生で聴き、その若き才能にやや興奮気味の様子。
今回誘ってくださったキングレコードのSさんも準備に動いておられた。

最初はフランスのレミのトリオ。
曲も演奏も兎に角瑞々しく、隅々までに愛嬌がゆきわたる。
バラエティに富んだ楽曲の上で、会場を楽しませようという
3人の心意気が和やかに競いあっている感じだ。
ひとつのショウとしてすっかり完成しているにも関わらず
全然暑苦しく感じないのはなんだかフランスっぽいのかなと思う。
そしてやはりレミの若い感性に共感する部分も大きい。

誰そ彼で過去二回も演奏してくれているピアノのSaaraさんも途中でサムタイムにやってきて乾杯。
久々の再会がうれしい。

そして愈々、アルメニアのティグラン・ハマシヤンの演奏。
レミとはまた違った魅力の人だ。
寡黙で朴訥とした青年で、なんとなく親しみと好感を抱いた。

tigran.jpg

祖国アルメニアのフォークソングを素地としているのか
清らかなる静謐さと、若さ宿る前衛の往来に、フっと郷愁を匂わせてくる。
そして、徐々にパッションを盛り上げていくミニマリズムにはジョン・ケイルのギターを思い出したり、
思わず漏れ出る唸り声と歌にミルトン・ナシメントのサウダージを浮かべ、
その躍動の隙間に時折キラキラ光る清流のような、あたたかく精緻なタッチはジスモンチみたいだ。

ピアノのスタイルで言ったら、いくつかのジャズの巨人の名が挙がるのだろうけど
それだけでは語りきれない魅力を備えていると思う。
前述のアーティスト達はもちろんの事、例えばレディオヘッドやビョークを聴くような
ロックリスナーにも気に入られそうな才能だ。

聞くところによると、世界的にも有名になってきたティグランが
故郷アルメニアを離れないのは、ボーダレス化が過ぎる世界へのアンチテーゼとの由。

イマドキのいわゆる「何でもあり」が慢性化すると、"ロマン"みたいなものが
足りなくなってきちゃうんじゃないかという漠然とした危機感を覚える時がある。
世の中にはそっとしておかれるべき奥の場所がきっとあって
その境界にどかどか土足で踏み込んでくるような「ボーダレス化」ならご免、て僕は思う。

ティグランのようなアーティストには、ボーダーをキープしつつマージナルをどんどん徘徊してほしいな。

以上は完全に僕の思いですが、ティグラン本人の思いについてインタビューを読んでみたいなあ。
この来日で、いくつかの音楽誌に露出していればいいけど。

因みに、誰そ彼は夕暮れ時のどさくさに紛れて何時の間にか境界線を曖昧にしておくのが趣味。
朝が来るまで気付かない、
一夜限りのフラットな場所を標榜とする。
、、、ナンチャッテ!

kawatare.jpg

幸運なツアー

|
某月某日

orglv.jpg

その日、僕は渋谷AXでオリジナルラブの白熱する演奏を聴きながら、中学時代に習った一人の塾講師を思い出していた。

その男は明治大学の学生で、所謂バイトの雇われ講師。
彼は練馬区の公立中学に通う少年少女に対し、「B'zもチャゲアスも駄目。オリジナルラブを聴け!」と、突如音楽教育を始めた。

あまりにも熱心に語るので、ひとつ付き合ってみようと思った僕は、中学生の少ない小遣いながら当時最新作だった『風の歌を聴け』を買って聴いてみた。
そうしたら一気に世界が広がってしまった。
「こういうのもあるのか」

その明大生は他にも、フリッパーズギターという2人組がいた事、今は解散してそれぞれ活動しているという事、コーネリアスのほうはこ洒落たTシャツを量産してる事、小沢健二は別のラップグループと一緒に『今夜はブギーバック』というかっこいい曲をリリースした事、そのラップグループはスチャダラパーという事、それらの人達はメディアから渋谷系と呼ばれているが、オリジナルラブの田島貴男はライブのMCで否定したという事、などなど、
今思えば大学生のピンポイントな視点乍らも、実に生々しく僕の知らない世界の話をしてくれた。

僕はクラスの他の子達があまり聴いてないような音楽に共感出来たという奇妙な優越感もあって、そこからそういった音楽にのめりこんでいった。

コーネリアスが勧めてたベックやビースティボーイズ、小沢健二が勧めてたアレステッドディベロップメント、フリッパーズギターの前身バンドのバンド名の由来だというソニックユース、、、
地元光が丘のWAVEでは探すのが難しくなってきて、池袋のWAVEやタワーに行くようになった。

目の前にわかり易く並べられているものが全てじゃない、選択肢は探せばいくらでもある!という事がわかった。
そして音楽に関わらず、何かを選び取る際は「もう一方の何か」が存在するんじゃないかと疑い、調査するようになったのだ。
思春期の自己形成において、そういうきっかけはよくあるのかもしれないし、もしかしたら意外にないのかもしれない。

ともかく、僕はオリジナルラブの白熱する演奏を聴きながら、
その塾講師に感謝した。
大学生を経験した今となっては、「けっこう大人げないヤツだったんじゃないか?」とも思うけど(笑)、自分には真似できない行動であり、実際に一人の少年に影響を与えた
その少年はそれから約10年後に仲間達と音楽を楽しむ場を拵えて、更に10年近く活動を続けているのだ。

オリジナルラブ20周年ツアー最終日、『風の歌を聴け』からも数曲演奏された。そのCDを買った当時の僕は、30歳越えてもこの曲をこんなに大事に聴くとは思いもよらなかったな。

ライブのクライマックスではスチャダラパーも登場して20周年記念のライブを盛り上げた。
この組み合わせは、本人達も言ってたけど今までありそうでなかった。
驚きと安心の同居する横並びに、僕の中で思わず込み上げる熱い何か。

そしてアンコール。田島貴男はこう言った。
『ぼくたちは「好運なツアー」のまっただ中にいるのだと仮定してみる。』
続けて読み上げられた文章に僕は深く共感し、自分の"幸運"を思った。

http://diary.originallove.lolipop.jp/?eid=89

自由の筈

|
某月某日

西武新宿線、武蔵関にあるジーンズキッチンという飲み屋で、
久住昌之さんのバンドBlue Hipのライブを観た。

qusumi01.jpg

久住昌之さんは『孤独のグルメ』や『かっこいいスキヤキ』の原作者として有名な方で、音楽もやっておられる方。
以前、誰そ彼や築地本願寺ライブにご出演頂いた事もある。

とある夏の日、吉祥寺の某居酒屋でお会いしてお話しして以来、僕はすっかり大ファンで、誰そ彼にご出演頂いたり、著作を読んだり、ライブに足を運んだりしているのだ。

この日の会場である武蔵関ジーンズキッチンは、料理がなんでもおいしくてリーズナブルな素晴らしいお店。
以前近くに住んでいた頃はよく通っていた。
マスターやスタッフさん達も覚えてくれていて声をかけてくれるの
が嬉しい。

qusumi02.jpg

久住さんの作る歌は楽しい。
バカな歌があったり、グッとくる歌があったり、古い曲へのリスペクトを感じられる歌があったり、とにかく飽きないのだ。
これは久住さんの著作やプロジェクターショーなど全ての作品に感じる事だけど、いつも「違う視点」を与えてくれて、それは生活の何気ない風景をクスクスと可笑しいシーンに変えてくれる。

一人で外食している時とかなんとなく散歩している時とか、、、
そこにどうしようもない事情ややるせない現状があったとしても、ただ在る風景に愛と共感を呼び込む手品をもっていらっしゃるのだ
それは時にとても役に立つ。

そんな久住さんのスタンスが感じ取れる名曲が、この日のライブのクライマックスで演奏された『自由の筈』だ。


生まれちゃうのは偶然
いつか死ぬのは必然
その間は 自由
その人の自由の筈なのに


「あ、今、自由の筈なんだった!」
と、ふと気付かせてくれる、ある視点。
そして「なのに」って思ってしまう僕ら。「なのに」、、、「なんだ!?」

この歌の中で「なのに」の先は語られていない、ただ「自由」と並べて歌われているのは世の中の美しいもの。
まるで「自由」とは、この世のあらゆる美しさと当価値であると言わんばかり。
今生きている僕らは、それらと等しい「自由」の筈"なのに"。
この「なのに」に共感するのは何故だろう。逆に、共感しない人なんているのだろうか?それはどんな状態なんだろうか?
「自由」って、、、「なんだ!?

「自由」が持つ美しい響きは誰もが知っている筈だけど、それを定義出来ない自分にも気付く。
定義出来ないくせにやっぱり「自由の筈なのに」って思ってしまう。。。うーむ。

そんな事をぐるぐると考え始めた所でライブは終了。
畏れ多くも、久住さんやBlue Hipのメンバー、観客としてご来場されてた泉晴紀さんも席を並べる打ち上げ席に参加させて頂き、嬉しくってすっかり飲み過ぎてしまった。

しかし、現実は厳しい。ハッと目覚めたら昨晩の楽しい記憶も朧げに、明確なのは激しい頭痛と再起不能の己の身のみ...。
年に一度二度はやらかす体たらく。会社にごめんなさいして、回復まで寝てしまった。

昼過ぎにはなんとか動けるようにはなったものの、本調子ではないし結局仕事の電話はかかってくるわで、有休とったのにやりたい事は何も出来ないブルーマンデーブルース
あーあ、自由の筈なのになあ。


追伸:
久住昌之さんの新譜『musicomix』が7/24発売。楽しみ~。

L.I.F.E.G.O.E.S.O.N

|
某月某日

仕事を終えて吉祥寺サムタイムへ急ぐ。
平田王子さんのライブがあるのだ。

そもそも、このライブに伺うのは奇妙なご縁である。

話は2月に遡る。
蒲田にて松永誠剛くんが開いた新年会に参加し、帰り道が一緒だった初対面のSさんと、たまたま渋谷毅さんの話で盛り上がった。

Sさんはキングインターナショナルにお勤めで、ちょうど渋谷毅さんと平田王子さんのデュオ作のCDを手がけられているとの事。
渋谷毅さんは昨年誰そ彼にご出演頂いている。
何より、お互いが渋谷毅さんの大ファンであるという点で共通していて、意気投合した。

寡聞ながらに、平田王子さんの事は存じ上げなかったのだけど、しばらくの後にSさんからライブのお知らせを頂いたのだ。
勿論ピアノは渋谷毅さん。

2nd set開始ギリギリの時間に階段を駆け降りるとまだ演奏は始まってなかった。
通された席はピアノの真上。左耳真正面にスピーカーがあるというベストポジションだ。

sometime.jpg

平田さんの歌声とギター、いぶし銀のミュージシャン達の演奏。
あまりにも当たり前に、日常的に、美しく鳴らされている音楽は、きっとずっと前から変わっていなくて「ここはいつも通りですよ」と囁きかけられているような気がした。

東京に暮らしていたって、突然漠然とした不安感に襲われる事があり、それはあまりにもランダムだ。
仕事や生活は途切れなく続いているんだけど、たまたまの何かが時に妙にひっかかって暴力的に響いて、妙にネガティブな気分がやって来る。

この日も実はそんな気分が堪えていた所だったが、鍵盤にそっと置かれる渋谷さんの手や、平田さんの鳥のさえずりの様な歌声、アルトサックスの鈍い金色、そしてジョビンやノラジョーンズなどのよく知ったメロディー達に包まれて、「まだ大丈夫」と落ち着く事が出来た。
根拠はなくたってこの安堵は実感で、今はより多くの人と共有したい雰囲気だと思った。

帰り際に渋谷さんにもご挨拶が出来た。
「お寺のイベント、雨が降ったよねえ。台風の日だ。」なんて覚えてくださっていて、いつもの柔らかい表情にすっかり気持ちがほだされてしまった。
今日サムタイムに来てよかった。

以前、サワサキヨシヒロさんと飲んだ際
ボサノヴァはそもそもサンバをやりたい様な人種が、グッと抑えてストイックに徐々に高揚感を高めていく音楽なんです。」
と仰られていて、成る程と思った。
帰りのタクシーでそんな言葉を思い出して、なんだか今の空気にぴったりの音楽なのかもしれないな、と一人合点がいってしまい、思わずキングインターナショナルのSさん、そして平田王子さんご本人にもメールを送った。

こうやってご縁が広がっていくのは、本当に嬉しいし、たのしい。

オーディナリー・デイズ

|
某月某日

生憎の雨だったが、東京都現代美術館のレストランcontentには多くの人が集まった。

110321_01.jpg

元々は、ミュージシャン3名とPA1名、そして僕の5名がただ集まり話そうという会のはずが、あれよという間にイベントになった。
既存のイベントに相乗りさせてもらった形ではあるが、雨というのに予想以上の人が来たので嬉しかった。
演奏も全部良かった。
あまりにジャンルがばらばらでcontentならぬ「混沌」という感じで、「秩序」に向かう出発点としてはバッチリだ。

今は個人個人が必死に再構築を行っている時期だと思う。
「再構築」だけど、構築後の自分は前とは必ず違う自分。
こんな時だからこそ、多くの人と出会ったり再会したりして、刺激や興味や情報を共有したほうがいい。
自粛傾向もわかるけど、もっと人が出会える場がどんどん作られたほうがいい。

だから今回の瞬発力は良かったと思うな。
トリガーとなってくれた、松永誠剛くんに感謝。

110321_02.jpg

やってみてわかった事。ひとつはこんな中だけどやればみんな集まるという事。
ふたつめは、地震の事を少しでも忘れられる瞬間はやってくるという事。
みっつめは、やっぱり電気で増幅した音は気持ちいいという事(笑)

僕も微力ながら転換DJをさせてもらったが、大きい音でディランの「北国の少女」や渋谷毅オーケストラの「Soon I will be done with the troubles of this world」なんかを聴いてなんだか高揚した。安心もした。

今回、場所や機材だけでなくスタッフ達の賄いまで用意してくださった(おいしかった!)懐の深いcontentさんにも感謝の念。ありがとうございます。

110321_03.jpg

あそこに集まって、出会った人たち、再会した人たちが、共有できたものを各人の現場に持ち帰ってフィードバックして、再構築へ繋がる何かが始まるといいな。
自分も今度は誰そ彼の仲間達と、話して共有しようと思う。

追伸1:
松永誠剛君による、同日についてのブログエントリー。

追伸2:
この日の出演者で、僕が久々に再会したホテルニュートーキョーの鍵盤の中村ケイサクさん。
彼が参加しているtoeというバンドが、ダウンロードのチャリティーシングルをリリースしています。
静かで、熱くて、とても良い曲なのでおすすめです。
「一日でも早くみんなが普段の日々=Ordinary Daysに戻れるように。」

某月某日

震災後すぐに福岡のベーシスト、松永誠剛君からこんな呼びかけがあった。

- 支援イベント、アイディア、コンサートを計画・募集中! どこから手をつけて良いのか分からないですが、九州エリアの方、SHIKIORIは無料で使用OKです! みんなでアイディア考えましょう!

松永君は3/21に東京に来て、演奏もできる用意でくるとの事だ。まずはその日に、同世代の仲間たち5名で会って話をしようと決めた。
光明寺は春のお彼岸で大忙しなので場所は借りられそうにない。すると、東京都現代美術館内のレストラン、contentで集まるのはどうか?という提案があった。

更に、幸いな事にcontentさんのご厚意で、21日はアーティストの為に開放してくださるという。
場所のみならずPA機材、DJ機材等もお貸し出し頂けるとの事。本当に有難い。
僕もみんなで聴きたい音楽を持って参加しようと思う。

何かしたいけど、何からしたらいいのかわからない人、
みんなの顔を見て安心したい人、
とにかく誰かとなんか話したい人、
休みだから音楽でも聴きに行くか、という人
腹が減っては戦は出来ぬ、という人
等等、、、そんな人は一度集まってみよう。
2011年の春分の日に同じ時間をシェアしてみよう。

詳細は、下記にcontentオーナーの大地さんの文を引用します。

---
『SKETCH OF GARLAND』
3月21日(月 .祝) @ content  東京都現代美術館 11:00~22:00 free

みんなで集まって、これまでのこと、これからのことを話し合うとともに、
祈りを捧げ、一緒に食事でも出来たらと考えています。

皆様のそれぞれの状況もあると思うので、
無理なくご参加して頂けたらと思います。

また当日は場所とライブ機材、djブース、ユーストリーム中継を開放します。
アート、音楽、食などの力を信じて、前に進めたらと。

今自分にできることを。
明るい未来を信じて。

daichi/garland

circulation harmony

店舗に募金箱を設置し、皆さまからお預かりした義援金は、
大切に被災された方々にお届けいたします。

garland.jpg
---

以上。
明日は春分の日、皆さん是非!!


青年は荒野をめざす

|
某月某日

三鷹にあるおんがくのじかんというお店でmoon face boysのライブを観た。
moon face boysとはmy pal foot footの竹下慶さんのソロユニット。アコギとバンジョーの弾き語りで、まるで起きぬけのビールのような眩しい黄金色の倦怠感が、妙に居心地の良い歌を歌ってらっしゃる。

IMG_5463.jpg
ご近所にお住まいのshibataさんも見に来られてて一緒に楽しんだ。
shibataさんも竹下さんも以前誰そ彼にご出演頂いた事もあり、なんだか会うといっつも一緒に酔っ払ってしまうので、この日も結局終演後は三鷹の居酒屋へ。

ライブの感想や、好きな音楽の話をしながら、生茶葉ウーロンハイの杯がいくつもあけられ、夜も更けていくが話は尽きない。
その中で「やっぱ、現場ですなあ。」という話になった。音楽をやっているお二人にとっての現場とは、この日のようなライブのこと。この"現場感"というやつは僕もすごく大切だと思う。

音楽を「シェア」する、なんていうとイマドキはファイル共有の感じがして好きではないが、(CDやレコードは所有してなんぼと思う)
誰そ彼はお寺で音楽をシェアしたいという気持ちで始めたイベント。
最初はライブをする予定も無くって、本堂でみんなの好きなレコードをかけて、持ち寄ったご飯やお酒を楽しもう、そういう趣旨で企画された。
たまたま第一回目から演奏してくれる友人がいたので、ライブイベントになったけど、そのおかげでレコードには載っていない音楽も共有できるようになった。

そこからゆるゆると繋がり広がっていくご縁を伝って出会う様々な人と新たな現場をこしらえる。
同じ方向を向いてるってだけで、前から気になっていた人と出会えたり、久しぶりの人と再会も出来る。
この日のshibataさん、竹下さんは正にそんな感じで、今二人と飲んでいるのがとても不思議な気分だ。

それで「やっぱ、続けていくことですなあ。」なんて話も。

3767.jpg

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。